10月第2理事会2015.10.22

2015.10.25 Sunday

さて、果たして理事会の様子を活動報告として挙げるべきかどうかは迷いますが、当日所用により欠席したところ、L横山が写真を提供してくれたので、10月22日金龍館で開催された10月第2理事会・委員長会議の模様をアップしてみます。


【左から時計廻りに伊藤前会長兼諸般の事情による第一副会長には昇格しない予定の第二副会長予定者、市毛市民レクリエーション担当理事、大越市民レク委員長、市民レク委員会は担当事業であるイスバスin水戸フェスを3日後に控えているので忙しそうです】

担当理事を兼任するPR委員長である私が所用により該理事会を欠席するため、前会長兼諸般の事情により第一副会長には昇格しない予定の第二副会長予定者のL伊藤に委員会の代理報告を依頼しました。

すると当日他出中の私に橋本幹事より、委員会報告をどうするのかとの、連絡がありました。
既に事務局に伊藤前会長兼諸般の事情による第一副会長には昇格しない予定の第二副会長予定者に依頼した旨連絡してあるので、不思議な事ではありますが、あらためて同様に返答しました。

水戸西ライオンズクラブでは第2理事会で委員長会議を開催し、委員会報告を行いますが、委員長欠席の場合は副委員長を代理で出席させることになっております。
なってはおりますが、現実問題として両者とも出席できない場合の規定は存在しないので、その場合は法理上、理事会出席権者に依頼するしかありません。
従って、組織上の上位理事職に依頼することが法的整合性のみならず安定性を担保する唯一の方法でしょう。

ちなみにクラブ一の愛妻家と専ら評判の私は、当日、家内と岐阜県へ秋の味覚を味わうため、温泉旅行に行っておりましたから、理事会欠席はヤムヲエナイことです。


【左端から時計廻りに橋本幹事、泉会長、菅野会計、坂本副幹事、横須賀理事、くどいようですが決してその筋ではありません】



そして、理事会出席権者ではありませんが、なぜか橋本幹事より理事会へのオブザーブを要請され出席して薬物乱用防止の講習終了証を貰った、現在花嫁募集中の横山PR委員が理事会の写真を提出してくれたので、今回の報告となった次第です。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

世界ライオンズ奉仕デー2015.10.8

2015.10.25 Sunday

10月8日早朝に千波湖畔にて世界ライオンズ奉仕デーが開催されました。
これは1917年の同日にテキサス州グラス市で第1回国際大会が開催されたことを記念して全国一斉に奉仕活動を行うのだそうです。
そう言う訳で今年は水戸市内6クラブ合同で千波湖畔の清掃活動を行いました。


【早朝から千波湖畔に集合するメンバーたち】


【同じく集合する千波湖内の鯉たち】


【会長から何か貰って握手している市毛理事】


【爽やかに奉仕活動をする花嫁募集中のL横山】


【とても爽やかとは言えないL坂本】


【なぜかアップで写っているL加藤】


【おそらく奉仕活動後にメンバーと朝食を摂る、顔がむくんでいる太田PR副委員長】

ところで、何故こんな、なおざりな感じで報告を書いているかと言うと、私が所用で欠席したからです。
幸い有能な委員会メンバーに恵まれておりますので、写真だけは提出してくれたので、ササッとでっち上げられます。
状況等の聴取は面倒なので夏休み最終日の課題の追い込みのように雑に書いてます。
だから何?
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

イスバスin水戸フェスにご参加いただきありがとうございました。

2015.10.18 Sunday

皆様へ

本日(10月25日)開催した「イスバスin水戸フェス」において、多くの皆様のご参加を賜りありがとうございました。
お蔭を持ちまして無事終了することができました。
「ひとにやさしいまち」づくりを目的とした本事業も今年で4年目、年ごとに多くの皆様の関心と共感を得ていることを実感いたしております。
このイベントを通じて我々自身が「ひとにやさしく」なることができたら、このまちはどんどん「ひとにやさしいまち」になることができるでしょう。
この気持ちが「より強く」「より広く」なるように、今後とも皆様のご協力をお願い申し上げます。
本当にありがとうございました。
 
水戸西ライオンズクラブ
市民レクリエーション委員長
大越成巳 拝

2015年10月25日イスバスin水戸フェス開催!

2015.10.18 Sunday

各位



かねてよりご案内申し上げましたイスバスin水戸フェスがいよいよ本日(10月25日)開催されます。

10時より水戸フェス会場の泉町三丁目付近にて、スピニング・フープス・レボリューションの車イスバスケットや勉族によるストリートバスケット、スケートボード教室や游藝館の空手の模範演技、R-BLOODの総合格闘技やphotographer石井麻木氏による「3.11からの手紙/音の写真」展など、盛りだくさんのコンテンツで皆様をお待ちいたしております。

ぜひイスバスの熱気や「ひとにやさしいまち」づくりに向けた想いを体感してください!


水戸西ライオンズクラブ




 

2015年度ゴルフ部会9月・10月例会成績及び得点表

2015.10.08 Thursday

9月例会成績


10月例会成績


得点表

 

第519回ゴルフ部会2015.10.7

2015.10.07 Wednesday

10月7日、水戸ゴルフで第519回ゴルフ部会10月例会が開催されました。



が、ご覧の通り全く絵になりません。
プレー風景も所詮はクラブ握ってぶん回して玉を飛ばすだけのもので全く変わり映えがしないので、アップする価値もありません。


【花嫁募集中のL横山】

でも現在花嫁募集中のL横山や太田PR副委員長がわざわざ写真を送ってきてくれたので、PR委員長として何か書かなくてはいけません。

ただ、不思議なことに太田副委員長からはL山城の食事中の写真が4枚も送られてきました。


【L山城の食事風景1】


【同じく2】


【同じく3】


【同じく4】

理由がわかりません。
何かのなぞかけでしょうか?
それとも何か意味があるのでしょうか?

いくつかの仮説を立てるとするならば……

仮説1:L山城に対する異常な愛情表現
仮説2:単なる間違い探し
仮説3:よく見るとL山城の背後に見えてはいけないものが見えている
仮説4:被写体がL山城ではなく、実はビビンバ
仮説5:カメラの状態が思わしくなかったので試し撮りをしただけ
仮説6:実はL山城の四つ子の兄弟
仮説7:実は念写
仮説8:実は撮った記憶が無い
仮説9:アーティストとして最初に撮った3枚が自分の作品として気に入らなかった
仮説10:特に理由は無い

如何でしょうか?
よろしければ皆様もお考え下さい。
ただし、答えはありません。
また、回答もお寄せくださらなくて結構です。
どうでも良いことですから。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

2015.10.25開催予定のイスバスin水戸フェスのお知らせ

2015.10.02 Friday

10月25日の水戸フェスにおいて、「ひとにやさしいまち」づくりを目指して、我々水戸西ライオンズクラブがスピニングフープスレボリューションとのコラボで主催する毎年恒例のイスバス!
詳細は下記パンフをご覧ください。

  

 

イスバス練習体験2015.9.29

2015.10.01 Thursday

来る10月25日の水戸フェスにおいて、泉町三丁目付近にて、「ひとにやさしいまち」づくりを目指して、水戸西ライオンズクラブは恒例のイスバス事業を主宰する予定です。

と言うわけで、今年も事前にスピニングフープスレボリューションさんの練習にチョっとだけ参加させて頂きました。

場所はいつもの見川のサンアリーナ、時は午後6時半、道場破りじゃと勢い込んで来てみれば



すでに市毛市民レクリエーション委員会担当理事と大越委員長と森島副委員長がスピニングフープスレボリューションの齋藤代表と相談の真っ最中
PR委員長として写メを撮ったところ「無断撮影された」と齋藤代表の氷のような横目で抉られました。
やっぱり本物です。
何が本物なのかは聞かないでください。
聞かれても答えられません。



練習開始に先立ち、大越委員長がご挨拶を申し上げました。
いつもながら色が黒いです。



と、ここでL川島が登場
しかもマイシューズ持参で……



おまけにマイボールも持参で……

どんだけやる気なんだよ!

しかし、



大越委員長、ベルトが締まりません。



太田PR副委員長もベルトが締まりません。
当クラブは結構な確率で標準サイズでは間に合わない奴が多いです。
勿論私もです。

 

イスバス模擬試合何だかんだでゴールした大越委員長とL川島、太田PR副委員長は練習ではゴールバンバン決めたそうです。

Posted by 水戸西ライオンズクラブ on 2015年9月29日





【L川島撮影の競技用車椅子目線の写メ】

L川島はスッゲー楽しいと言ってました。
個人的に通うかもしれないそうです。
良かったですね。

ちなみに私はご挨拶のみです。
実は過去に一度だけ練習に参加しました。
確かに楽しかったので、自分としては一生懸命やったのですが……
翌朝から生きてることが不幸だと感じるほどの筋肉痛だけではない正体不明の様々な痛みに襲われました。
つくづく自分は究極のインドア派だと実感しました。
なので「手折らずにやはり野に置け蓮華草」ということで、野に咲く可憐な一輪の花のごとく、密かに体育館の片隅に佇んでました。



途中、斎藤代表と水戸フェスの打合せを行い、最後の締めを行い解散しました……
が、私、翌日人間ドックの予定が入ってまして……
午後9時までに夕食を済ませるよう言われておりましたが……
すでに9時半……

まぁ、海外旅行に行ったと思えば多少の時差は許されるでしょう……たぶん

ということで市毛担当理事と匠家へ



ラーメン中盛に海苔、キャベツトッピングと卵かけご飯
さて、明日の人間ドックはどうなるでしょうか

いずれにしてもイスバスは更に遠くなった気がします。

とにもかくにも市毛理事、ごちそうさまでした。

なお、本事業は詳細が決まり次第、本ホームページにてご案内申し上げます。
多くの皆様のご参加とご観覧をお願い申し上げます。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

高萩ライオンズチャリティゴルフ2015.9.27

2015.10.01 Thursday

高萩ライオンズのチャリティゴルフがありました。



ただ、ワタクシはPR委員長でありながら知りませんでした。

予定表にも無いし……もしかしたら理事会で話があったのかもしれません。
しれませんが、如何せんゴルフをしないので、ゴルフの話題は基本スルーしてしまうんです。

しかし幸いにしてPR委員会には有能なメンバーがおります。
今回も横山委員がやってくれました。
お陰で委員長は安眠高臥……
という訳にも行かないのですが……

それはともかく横山委員の報告によると
「9月27日  高萩ライオンズクラブのチャリティーゴルフに参加して来ました。参加人数は185人で水戸西からは泉会長 橋本幹事  L田所  L横山です。橋本幹事がトータル74で7位になりました。他の人達が雄叫びをあげない中 唯一橋本幹事が雄叫びをあげていました。写真がぶれてるのは雄叫びの大きさをあらわしてます笑  昼飯はハンバーグランチ大盛りです   写真送りますので忙しいとは思いますがアップお願いします。」(原文ママ)

ということで


【雄叫びを上げる橋本幹事】

この間の第37回少年の主張茨城県大会の活動報告で役立たず呼ばわりされたことに奮起したのか、或は根に持ったのか、どちらか分りませんがやってくれました。
ありがとうございます。
ただ写真に雄叫びは写りません。
次回はもっとスゴいのを期待しております。

そして



ハンバーグランチ大盛りです。
ご飯が多いだけだとケチをつけておりましたが、施設の食堂なんて大概そんなもんでしょう。

しかしお米は日本の主食です。
初穂の神事など民族宗教である神道にも深くコミットしており、振り米の習俗もあり、民俗学者の柳田國男も折口信夫も古代日本人にとってのお米の神聖性について考察しております。
折口によれば、おむすびは心臓を模っており、生命の象徴であるそうです。
歴史的に日本の主要作物として日本人の生命線であり、しばしば戦争や一揆や飢饉などの米を巡ってのコンフリクトが、近世に至るまでの日本の歴史であると言っても過言ではないでしょう。
今日では生産性の向上や、保管及び流通技術の進歩によって、お米の供給はほぼ十分に確保されており、万一の不作であっても、国際的購買力の向上により日本人全体が社会的に飢餓に見舞われることはほぼなくなりました。
しかし天明の飢饉に代表さるように、過去には一度の飢饉で数万人が飢死したと伝えられるほどに重要な作物でした。
振り米の習俗も末期の耳元で米を振る音を聞かせるなど、想像するだに物悲しい光景です。
そうであるにもかかわらず「ご飯が多いだけ」などとは何と心無い言葉でしょうか。
一杯の飯を得られず命を亡くした大勢の人たちの無告の声が、それも魂を振り絞るような怨嗟の声が聞こえてくるようです。

などと、チャリティゴルフの報告あるにもかかわらず、ランチのハンバーグからこんな展開をしてしまいました。
なにしろゴルフが分らないのでしょうがないのです。


【何か食べてる写真】

ただ、今日では我が国においてはほぼ飢餓の問題は解消されておりますが、地球上では今日でも10億もの人々が飢えに苛まれております。
飢えによる直接的、間接的な結果として3.6秒に1人が命を失っております。
同じく5歳未満の子供が5秒に1人、命を失っております。
このように統計的な数字で表現するのも恐ろしいことです。
一説によれば現在の食糧生産は本来地球上の全人口を養うことができるのだそうですが、食肉の生産やバイオ燃料等に穀物が消費されることにより不足しているとの主張もあります。


【何か貰ってる写真】

つい数十年前、所謂「戦後」と言われていた時代の我が国においても、餓死は決して珍しいことではありませんでした。
また近年、経済的状況と社会保障制度と社会意識の様々な問題により、餓死者が発生するという痛ましい事件も報道されました。
痛ましいという言葉で表現するのも無情に感じるほどの残酷な事実です。


【同じく何か貰ってる写真】

なんて社会派振ったことを書いてしまいましたが、ではどうするのかと言えば、単に生産、流通、消費だけの問題ではく、高度に複雑化したトランスナショナルな社会的システムの中で、単純な解決が困難な問題です。
そしてこのような観念的なグローバル的視野をより卑近な視点へとクローズアップすれば、当クラブの活動地域においても様々な問題が存在しております。


【集合写真、泉会長の薄ピンク色のズボンが素晴らしいと「僕は」思います】

私ども水戸西ライオンズクラブは郷土水戸の地において、より良い地域社会の未来を目指して、可能な限りの奉仕活動に努めております。
と、何とか綺麗に纏められたのではないでしょうか?
ゴルフと関係ないけど……
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

第519回ゴルフコンペ組合表

2015.09.28 Monday

変更の可能性がありますので、ゴルフ部会からの案内にご注意ください。