2012年10月2日計画委員会合同委員会?

2012.10.02 Tuesday

2012年10月2日、魚政にて計画委員会が開催されました。

今回は1000回記念例会に向けて、計画委員会よりL佐野とPR委員長の私がオブザーブさせて頂きました。

齋藤計画委員長は昨年のPR委員長としての400号会報発刊など、良くも悪くも当たり屋です。

あまり、傍に寄らない方が無難のようです。

しかし、何と言っても、今、一番調子に乗ってる男ですから、来る11月1日の1000回記念例会もかつてないほどの盛会にしてくれることと思いますと、無責任に言い放っておきます。


水戸西ライオンズクラブ活動報告
【齋藤計画委員長】


水戸西ライオンズクラブ活動報告
【真剣に議論をする計画委員会メンバー&オブザーバーのL佐野とそれを気楽に写真におさめているワタクシ】


水戸西ライオンズクラブ活動報告
【お食事タイムの時も真剣に話し合う齋藤委員長】


水戸西ライオンズクラブ活動報告

しかし、落ち鮎の煮浸しを骨を外して食べる人を初めて見ました( ̄□ ̄;)

が、それだけ記念例会の事で頭が一杯だったのでしょう。

来る1000回例会への期待が弥増すエピソードでしたと、きれいに纏めておきます。


臨時事業委員会

2012.08.20 Monday

8月20日砦において臨時事業委員会が開催されました。


本臨時委員会は水戸西ライオンズクラブの新たな事業展開として、持続可能な社会貢献、地域密着型の事業を展開するべく、橋本委員長の提案のもとスタートしました。

本事業は「やさしい街」をテーマに、最終的には水戸という地域全体が心のバリアフリー化をはかる事ができるよう、運動を展開していこうとの試みです。


水戸西ライオンズクラブ活動報告

参加者は小松崎第二副会長、橋本委員長、石井副委員長、L笹沼(恭)、L奥田(裕)、L根岸、L鈴木に加えて、新規事業の立ち上げということで、オブザーバーとして伊藤会計、齋藤計画委員長、そして私はPR・IT情報委員長として参加させていただきました。


委細に関しましては、まだ調整中ですので、後ほどのご報告とさせていただきますが、L鈴木のご子息である梅太郎君がサプライズのオブザーバーとして参加してくれました。

将来が楽しみです。


水戸西ライオンズクラブ活動報告
【真剣に新規事業について検討する?梅太郎君】


幻の水戸西ライオンズソング?

2012.07.30 Monday

旧ホームページに水戸西ライオンズの歌のリンクが貼ってあったのですが、無効なリンクになっていたので、リニューアルに際し、それらしいフォルダを探しまくりましたが、どこにも、それらしいファイルがありませんでした。

そこで、キャリアのあるメンバーの方に聞いたところ

「あー、昔、有ったねー、でも歌わないからいいよ」

とのことだったので、じゃあイイやと忘れていたのですが、先ほど偶然見つけてしまいました。

一応、クラブ案内のページにコッソリ貼り付けておきます。

案内ページにはWAVファイルも貼ってあるので、メロディも聞けます。


水戸西ライオンズクラブ活動報告


ホームページはじめました

2012.07.18 Wednesday

いよいよ夏本番、中華屋さんのメニューにも「冷やし中華はじめました」と書かれはじめるこの頃

水戸西ライオンズクラブも「ホームページはじめました」


正確には以前から存在していましたが、すっかり更新が止まった状態でしたので、更新をはじめたというのが正しいのですが、今後の更新の簡便性を考慮し、ホームページそのものをリニューアルしました。


問題は子供のころから三日坊主の私が、向こう一年間更新を続けることができるかどうかですが、そのあたりは閲覧される皆様の温かい心だけが頼りです。


いずれにしてもクオリティは保障できません。


2012年度PR・IT情報委員会委員長 笹沼 一弘 謹言


ご挨拶

2012.07.01 Sunday

皆さんこんにちは。


こちらは水戸西ライオンズクラブ です。


ライオンズクラブは1917年メルビン・ジョーンズによってアメリカで誕生しました。

現在では207ヶ国135万人を数える、世界最大の社会奉仕団体に成長しました。

設立以来、ライオンズクラブのモットーである「We serve(我々は奉仕する)」の精神のもと世界中の仲間達が様々な社会奉仕活動に従事してまいりました。


私ども水戸西ライオンズクラブは1971年2月28日に、水戸の地に誕生しました。

会員は「善良な特性の持ち主で、地域社会に於いて声望がある成年」であることが求められますが、それは、社会の一員として誰もが弁えるべき基本的資質であり、決して誤ったエリート意識であってはなりません。

社会奉仕活動も会員交流も、会員相互の友情と信頼のみに由来しております。

またライオンズクラブは早くから女性の社会参加の重要性を主張してまいりました。

残念ながら日本では、いまだ女性会員は少ない状況ですが、社会の公益を担保する責任を果たしていく上でも、当クラブは女性会員の入会を積極的に働きかけていきたいと考えております。


このブログでは主目的である社会奉仕活動を中心に、クラブの日常を綴っていきたいと考えております。

拙い点は多々あるかと思いますが、ご寛容賜りますようお願い申し上げます。


2012年度PR・IT情報委員会委員長 笹沼 一弘 謹言