クリスマス例会2015.12.2

2015.12.03 Thursday

ホテルレイクビュー水戸においてクリスマス例会を開催しました。
毎年、外部からご来賓をお迎えしての設営でしたが、今期は水戸西ライオンズクラブ結成45周年記念の年ということで、周年事業が予定されておりますので、今年のクリスマス例会はメンバーとその家族及び関係者という内輪の家族例会としての開催でした。




受付に追われている横須賀氏と山縣氏


同じく根本事務局員、カメラを向けたとたんポーズを取ろうとしましたが、そんなにタイミング良くは撮れません。


会場の衝立の裏側ではオジサン達が何やら怪しい動きを……


メンバー及び家族の皆様も段々集まってきました。


やがて橋本幹事が例会の始まりを告げます。


そして山縣副テールツイスターによるセレモニーの司会が始まりました。




泉会長の挨拶


小倉第一副会長による開会の挨拶


大澤計画委員長の挨拶


内田禮右氏による乾杯の発声


が、セレモニーの間、子供たちは退屈であろうとのことで、会場外でくじ引き大会を開催しました。


やがて盛宴となり

アトラクションとして茨城大学マジックサークル「アンビシャス」のメンバーによるマジックショーが行われました。










途中、横須賀均氏の二番目のご息女が結婚されるとのことで、ドネーションを頂戴しました。
おめでとうございます。

そして恒例のラッキーカードタイム
早い話がくじ引きです。











一部商品に余裕が出たので、急遽メンバーの奥様と子供たちによるジャンケン大会が開催されました。

やがてメンバーの家族と子供たちへのサンタクロースによるプレゼントタイム
先ほどのオジサンたちの怪しい動きはこのための衣装合わせだったようです。



サンタクロースの衣装に着替える伊藤前会長兼諸般の事情による第一副会長には昇格しない予定の第二副会長
……が、なんか変?



実はレディースサンタクロースのコスチューム
しかし、ウエストが絞れなければ唯のサイズのきついコスプレに過ぎません。
思いっきり滑りました。

それはともかく
意気揚々とプレゼントを配りますが、もはやサンタとトナカイの役割分担など無視しております。





サンタとトナカイと子供たちの記念撮影


坂本副幹事とご令嬢のツーショット
こんな満面に笑みを浮かべた副幹事の姿は滅多に見られません。
メンバーたちも口々に「家族と一緒の坂本さんは、普段と違ってとても優しそうに見えるのが不気味だ!」と言っておりました。


こちらは大澤計画委員長とご家族のスナップショット
やはりこんな笑顔の大澤委員長の姿も滅多に見ることはできません。
おまけにこれ程家庭臭のない人も珍しいので、貴重な写真です。
なにしろ自分で「珍しいだろう!」と言っていたくらいなので……


やがて定刻となり、小倉第一副会長による閉会の言葉で終宴となりました。

最後にこれまた恒例の「また会う日まで」を行って解散です。







【なお最後に集合写真を撮ろうとしたところ、田中氏より早く俺の遺影を撮影しろと言われたことが、上記「終宴」動画のやり取りに繋がりました】

本日は多くの家族の皆様にご参加頂きありがとうございました。
ライオンズクラブは社会の公益のため、奉仕活動を行っております。
その対象である社会には、当然メンバー自身もその家族の皆様も含まれておりますが、活動に際しては、どうしても家族の皆様にご負担をかけてしまう場合も多々あります。
決して本日のクリスマス例会で、贖罪が適う訳ではありませんが、少なくとも我々水戸西ライオンズのメンバーは、そのような家族の負担を無視しているわけではないということと、家族の理解と協力に対し感謝している我々の気持ちを知ってほしいとの思いでの今回のクリスマス例会の設えでした。
今後も温かく見守って頂けるようお願い申し上げます。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

薬物乱用防止講座2015.11.5

2015.11.25 Wednesday

11月5日、ホテルレイクビュー水戸において開催された11月第1例会が終了後、水戸第五中学校において二年生全員参加の薬物乱用防止講座が開催され、泉会長、橋本幹事、横山PR委員、そして講師として当クラブメンバーの今井氏が参加しました。


【左から校長先生、今井講師、泉会長、橋本幹事、ただ今花嫁募集中の横山PR委員】



子どもたちも熱心に聞いてくれております。
参加した横山委員によれば「なぜ薬物乱用してしまうか、乱用者になるとどれだけ大変か、どのような薬物があるかなど途中ビデオを流すなど子供たちでもわかりやすい講座だったと思います。私自身とても勉強になりました」とのことでした。



今井氏は薬剤師でもあるので、職業上も薬物の危険性を知悉している方です。
私も中性脂肪やコレステロールなどの薬物を乱用しているので、よく今井氏より別の意味でご指導頂いておりますが、なかなか改善できません。
猛省いたしております。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

11月第1例会(入会式・ZC公式訪問)2015.11.5

2015.11.24 Tuesday

11月5日ホテルレイクビュー水戸において11月第1例会入会式・ZC公式訪問が開催されました。

ちなみにZCとはゾーンチェアパーソンの略称です。

ところで、ゾーンチェアパーソンとはゾーンのチェアパーソン、即ちゾーンで一番偉い人ということです。
ではゾーンとは何かというと、まずライオンズクラブは世界的な組織なのですが、国際協会のもと、複合地区(いくつかの準地区からなり、当クラブの場合は、新潟、栃木、群馬、千葉、茨城からなる333複合地区)>準地区(他に単一、暫定、移行があるそうですが、基本的に都道府県単位、複合地区名にアルファベットが付く、当クラブの場合は茨城県である333-E地区)>リジョン(準地区内をいくつかに分割したもの、当クラブの場合は水戸、大洗、鹿島、鉾田、潮来、神栖あたりの2リジョン)>ゾーン(リジョンをいくつかに分割したもの、当クラブの場合は水戸である1ゾーン)というヒエラルキーのイメージを我々メンバーは持ちがちなのですが、実は単純に世界からゾーンへというヒエラルキーではないらしくて、地区(準、単一、暫定、移行)が基本であり、地区のトップをガバナーと言い国際協会の役員になります。ただし、おそらくは運営の便宜上だと思うのですが、複数の地区で上記の複合地区を構成することも可能であり、日本の場合は全国がいくつかの複合地区に分かれておりますが、これはあくまで各地区の連合体的なものであり、トップは複合地区傘下の各地区ガバナーより議長が選出されますが、決して階層的性格を持ったものではないようです。このことがちょっと分かりにくいのですが、分かりやすく書くと実際のヒエラルキーは
国際協会>地区(単一、準、暫定、移行)>リジョン>ゾーン
という感じで(したがって水戸西ライオンズクラブの所属は333-E地区2R(リジョン)1Z(ゾーン)ということになります)、地区ガバナー(地区で一番偉い人)が国際協会のボードメンバーでもあり、リジョンのトップであるリジョンチェアパーソンを任命できるそうですが、聞いたことはありません。おそらく333-E地区では必要ないと考えたのでしょう。僕も同感です。
でも、ゾーンとなると、当クラブは水戸なので、水戸市内に6クラブ(こんな小さな市に6つもあるのが驚きですが)あるので、狭い地域で同じ組織に連なる一員としての連絡、調整機関としての役割は必要性があるかもしれず、そうであるならば、ゾーンチェアパーソンは必要性があると考えられます。逆に言えば、リジョンは余り意味がないのかもしれません。
長々と書いてしまいましたが、ライオンズメンバー以外の方にはゾーンチェアパーソンというのが理解し難いかと思いましたので、PR・IT情報委員会として広報性を確保するため書いてみました。
それと表記の便宜上、組織論的にヒエラルキーと書いてしまいましたが、ライオンズクラブは社会奉仕団体なので、単純に支配、被支配的な関係性と言う訳ではなく、運動の方向性と相互補完的な意味における組織的連帯性を持った関係性と言うのが、正確な実態を表現していると言えるでしょう。
……が、ライオンズクラブのメンバー以外の方にとっては別に知らなくても、生きるのに何の支障もないことなので、読み飛ばして頂いて結構でございます。
長文の程ご容赦ください。
僕も個人的には知らなくても良かったかなと、最近少し後悔しています。

もとい


【ご訪問くださった内山ZC】


【ご来賓】


【チョット遅れてきたメンバーの岡田氏、人柄の良さが表情に滲み出ております。】

そして本日は入会式でもあり、この度水戸西ライオンズクラブに入会したのは入江一成氏です。
入江氏は笠間で、彩食酒房吉(よし)という飲食店を経営されております。
以前、利用させて頂いたことがありますが、我々メタボ集団でも大満足でした。


【真ん中が新入会員の入江一成氏】



また、先般当クラブで受け入れたモンゴル留学生から贈られた、モンゴル語の書です。
どうやら水戸西ライオンズクラブと書いてあるらしいです。
全く読めませんが、読めなくても能書と思える見事な筆致です。


【内山ZCのスピーチ】


【来賓紹介とスピーチ】

最後に「また会う日まで」ということで「ほ〜ほえ〜みつ〜わかれむ〜♪」というメロディに合わせてサークルを作って握り合った手を上下に動かします。
個人的にいまだに慣れない行為です。
若しかしたら一生慣れないかもしれません。
PR委員長のメリットは写真撮影を名目に唯一この人間の輪っかから逃れることができることです。
だから必要なくても毎回写真を撮り続けます。


【日本一笑顔の似合わない男、坂本氏】

あっ!
そう言えばこの日櫻山氏にもご来訪賜っていたのに写真を載せ忘れました。
が、探しても見当たりません(;´Д`)
……
……
……やっと見つかりました。


【小さくて分かりにくいですが、一番左端の方が櫻山氏です】


【大事な来賓の写真を撮り忘れた、ただいま花嫁募集中の横山PR委員】


【そして同じく写真を撮り忘れた私】

しかし、2人してお互いに写真を取り合うとは、何と麗しい友情でしょうか!

でも「そんな時間があるなら来賓の写真を撮れ!」
と言われれば、全くその通りですと申し上げるしかありません。
ごめんなさい<m(__)m>
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

イスバスin水戸フェス2015.10.25

2015.11.24 Tuesday

10月25日に第4回目のイスバスin水戸フェスが開催されました。
大分報告が遅れてしまいましたが、当日撮影した試合の動画を利用したいため、アップされるのを待っていたところ、未だにアップされず、既に一か月以上経過し、他の報告まで遅滞する状態になってしまいましたので、恐縮ですがメイン動画なしでアップいたします。

〔業務連絡〕●サムちゃんへ、早く動画をアップしてください。
結局ブン投げで、SDカードをそのまま渡してくれてありがとうございます。
全ファイル数37……全部ユーチューブにアップするのに、泣きたくなりました。
この師走の忙しい中、夜な夜な地味な作業を繰り返すこと幾星霜
ライオンズクラブなんか無くなれば良いのに……

もとい

大越委員長旗下の市民レクリエーション委員会の精鋭たちを中心に、高き志を持った我が水戸西ライオンズクラブのメンバーたちが欣喜雀躍として……とまで言っては嘘になりますが、様々な障害や問題や遅滞を乗り越えて、スピニング・フープス・レボリューションを始めとした、多くの方々のご支援により、なんとか開催に漕ぎ着けました。
当日は天候に恵まれ、委員長もホッとしております。


【早朝より集まった委員会メンバーとただ今花嫁募集中の横山PR委員】


【そしてマイユニフォームにマイボールにマイシューズというイスバスやる気満々の川島PR委員……結局やらなかったのですが……(^_^;)】


【まだ交通規制前なのでセッティングの準備を行います】


【転勤のため退会された水上氏もお手伝いにきてくれました。ありがとうございます。】


【松永氏も当然の如き顔をして来てくれました。ありがとうございます。】


【ところで太田PR副委員長!顔がむくんでるけど大丈夫なのか!】


【もちろん根本事務局員もおります】

なんだか人物紹介みたいになってしまいましたので、この辺で本題に……


【荷降ろし作業】


【セッティング】


【例によって唇が尖がるL齋藤】


【相談中の市毛担当理事と大越委員長】


【今年はテントではなくてゴールのポールの重しをしてくれている松永氏】


【そんなこんなでセッティング完了で記念撮影】

そして、恒例の賄いカレー!
なぜかメンバー間で、いつの間にかイスバスのメインイベントとなっています。


【重要なカレープロジェクトを実行中の大越委員長と但野商店の但野専務と太田PR副委員長】

……が、私が鍋を撹拌したら、太田PR副委員長に怒られました。

もう一生かき混ぜてやらねぇから良いよ!



なぜかカレーで盛り上がります。
今年は関係ないのに何かと口出しする橋本幹事と迷惑そうな但野専務


【市毛担当理事の奥様もご来場くださいまして何とか完成に向かっております】


【完成です】

しかし、毎年の事ながら、イスバスで食べるカレーは何故こんなに美味しいのだろう?


【L野村も頬張っております】


【松永氏とL奥田も頬張りに来ました】


【L石井も……決してその筋の方ではありません】


【今年は常総市で水害が発生したので、カレーを食べたお志として義援金を募りました。今回被害に遭われた皆様の一日も早い復興をご祈念申し上げます。】

ところでワタクシはカレーを食べて腹一杯になったので、食後のデザートを求めてイスバスを抜け出して飲食エリアへフラフラと



パンケーキと



こんなものを飲みましたが何か……

なんて、買い食いしている間に例会が終了しちゃいました。
(本日、イスバス事業時間内の空き時間に例会を開催する予定でしたが、押し気味だったので、まだ大丈夫だろうとの油断が原因です。反省しておりますが、改める気はありません)

まぁ、肝心な事業も順調に進んでおります。

怒涛の動画37連発をお楽しみください。
決して選別と編集が面倒なので、全部乗っけたわけではありません。














【この動画の最後でカメラにボールが直撃しております】














【游藝館の模範演技】










































【トークショ―*基本的に皆さん喋りたがりなので時間が押すのが心配】









そんなこんなで無事?事業も終了し、バタバタと撤収し、倉庫へ資材を運搬などして、打上げへ



最後の撤収まで手伝ってくれた松永氏、是非打上げもとお誘いしたのですが(市毛担当理事が相当シツコク)、どうしても都合があるとのことで残念なことでした。



大越委員長の挨拶と乾杯

そして森島市民レクリエーション副委員長の挨拶




今回の「イスバスin水戸フェス」には多くの皆様にご参加頂きありがとうございました。
お蔭を持ちまして無事終了することができました。
「ひとにやさしいまち」づくりを目的とした本事業も今年で4年目、年ごとに多くの皆様の関心と共感を得ていることを実感いたしております。
このイベントを通じて我々自身が「ひとにやさしく」なることができたら、このまちはどんどん「ひとにやさしいまち」になることができるでしょう。
この気持ちが「より強く」「より広く」なるように、今後とも皆様のご協力をお願い申し上げます。
本当にありがとうございました……

と、綺麗に終わりたいところですが……

肝心のイスバスの風景がない!

当日、●サム氏より動画撮影を依頼されました。ために写真撮影は出来ませんが、写真より動画の方が良いのでOKし、撮影後●サム氏には動画アップをお願いしてありますが……
今だに音沙汰ありません。
催促してもまだみたいです。
本当に前菜とデザートだけでメインの無いコース料理みたいですが……
●サム氏がいつか動画をアップしてくれることを期待いたしております。
お陰でその後の事業の活動報告の更新まで滞る事態ですから、今回の見切り発車的なアップはやむを得ないことです。
●サム氏の動画アップが終了次第、イスバスの模様をアップさせて頂きたいと思います。
全ては●サム氏次第です。


ということで、



私はお腹が空いたので、打上げでは取敢えずご飯を頂きました。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

10月第2理事会2015.10.22

2015.10.25 Sunday

さて、果たして理事会の様子を活動報告として挙げるべきかどうかは迷いますが、当日所用により欠席したところ、L横山が写真を提供してくれたので、10月22日金龍館で開催された10月第2理事会・委員長会議の模様をアップしてみます。


【左から時計廻りに伊藤前会長兼諸般の事情による第一副会長には昇格しない予定の第二副会長予定者、市毛市民レクリエーション担当理事、大越市民レク委員長、市民レク委員会は担当事業であるイスバスin水戸フェスを3日後に控えているので忙しそうです】

担当理事を兼任するPR委員長である私が所用により該理事会を欠席するため、前会長兼諸般の事情により第一副会長には昇格しない予定の第二副会長予定者のL伊藤に委員会の代理報告を依頼しました。

すると当日他出中の私に橋本幹事より、委員会報告をどうするのかとの、連絡がありました。
既に事務局に伊藤前会長兼諸般の事情による第一副会長には昇格しない予定の第二副会長予定者に依頼した旨連絡してあるので、不思議な事ではありますが、あらためて同様に返答しました。

水戸西ライオンズクラブでは第2理事会で委員長会議を開催し、委員会報告を行いますが、委員長欠席の場合は副委員長を代理で出席させることになっております。
なってはおりますが、現実問題として両者とも出席できない場合の規定は存在しないので、その場合は法理上、理事会出席権者に依頼するしかありません。
従って、組織上の上位理事職に依頼することが法的整合性のみならず安定性を担保する唯一の方法でしょう。

ちなみにクラブ一の愛妻家と専ら評判の私は、当日、家内と岐阜県へ秋の味覚を味わうため、温泉旅行に行っておりましたから、理事会欠席はヤムヲエナイことです。


【左端から時計廻りに橋本幹事、泉会長、菅野会計、坂本副幹事、横須賀理事、くどいようですが決してその筋ではありません】



そして、理事会出席権者ではありませんが、なぜか橋本幹事より理事会へのオブザーブを要請され出席して薬物乱用防止の講習終了証を貰った、現在花嫁募集中の横山PR委員が理事会の写真を提出してくれたので、今回の報告となった次第です。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

世界ライオンズ奉仕デー2015.10.8

2015.10.25 Sunday

10月8日早朝に千波湖畔にて世界ライオンズ奉仕デーが開催されました。
これは1917年の同日にテキサス州グラス市で第1回国際大会が開催されたことを記念して全国一斉に奉仕活動を行うのだそうです。
そう言う訳で今年は水戸市内6クラブ合同で千波湖畔の清掃活動を行いました。


【早朝から千波湖畔に集合するメンバーたち】


【同じく集合する千波湖内の鯉たち】


【会長から何か貰って握手している市毛理事】


【爽やかに奉仕活動をする花嫁募集中のL横山】


【とても爽やかとは言えないL坂本】


【なぜかアップで写っているL加藤】


【おそらく奉仕活動後にメンバーと朝食を摂る、顔がむくんでいる太田PR副委員長】

ところで、何故こんな、なおざりな感じで報告を書いているかと言うと、私が所用で欠席したからです。
幸い有能な委員会メンバーに恵まれておりますので、写真だけは提出してくれたので、ササッとでっち上げられます。
状況等の聴取は面倒なので夏休み最終日の課題の追い込みのように雑に書いてます。
だから何?
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

イスバス練習体験2015.9.29

2015.10.01 Thursday

来る10月25日の水戸フェスにおいて、泉町三丁目付近にて、「ひとにやさしいまち」づくりを目指して、水戸西ライオンズクラブは恒例のイスバス事業を主宰する予定です。

と言うわけで、今年も事前にスピニングフープスレボリューションさんの練習にチョっとだけ参加させて頂きました。

場所はいつもの見川のサンアリーナ、時は午後6時半、道場破りじゃと勢い込んで来てみれば



すでに市毛市民レクリエーション委員会担当理事と大越委員長と森島副委員長がスピニングフープスレボリューションの齋藤代表と相談の真っ最中
PR委員長として写メを撮ったところ「無断撮影された」と齋藤代表の氷のような横目で抉られました。
やっぱり本物です。
何が本物なのかは聞かないでください。
聞かれても答えられません。



練習開始に先立ち、大越委員長がご挨拶を申し上げました。
いつもながら色が黒いです。



と、ここでL川島が登場
しかもマイシューズ持参で……



おまけにマイボールも持参で……

どんだけやる気なんだよ!

しかし、



大越委員長、ベルトが締まりません。



太田PR副委員長もベルトが締まりません。
当クラブは結構な確率で標準サイズでは間に合わない奴が多いです。
勿論私もです。

 

イスバス模擬試合何だかんだでゴールした大越委員長とL川島、太田PR副委員長は練習ではゴールバンバン決めたそうです。

Posted by 水戸西ライオンズクラブ on 2015年9月29日





【L川島撮影の競技用車椅子目線の写メ】

L川島はスッゲー楽しいと言ってました。
個人的に通うかもしれないそうです。
良かったですね。

ちなみに私はご挨拶のみです。
実は過去に一度だけ練習に参加しました。
確かに楽しかったので、自分としては一生懸命やったのですが……
翌朝から生きてることが不幸だと感じるほどの筋肉痛だけではない正体不明の様々な痛みに襲われました。
つくづく自分は究極のインドア派だと実感しました。
なので「手折らずにやはり野に置け蓮華草」ということで、野に咲く可憐な一輪の花のごとく、密かに体育館の片隅に佇んでました。



途中、斎藤代表と水戸フェスの打合せを行い、最後の締めを行い解散しました……
が、私、翌日人間ドックの予定が入ってまして……
午後9時までに夕食を済ませるよう言われておりましたが……
すでに9時半……

まぁ、海外旅行に行ったと思えば多少の時差は許されるでしょう……たぶん

ということで市毛担当理事と匠家へ



ラーメン中盛に海苔、キャベツトッピングと卵かけご飯
さて、明日の人間ドックはどうなるでしょうか

いずれにしてもイスバスは更に遠くなった気がします。

とにもかくにも市毛理事、ごちそうさまでした。

なお、本事業は詳細が決まり次第、本ホームページにてご案内申し上げます。
多くの皆様のご参加とご観覧をお願い申し上げます。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

第37回少年の主張茨城県大会2015.9.26

2015.09.28 Monday

9月26日鹿嶋勤労文化会館で水戸西ライオンズクラブが後援している第37回少年の主張茨城県大会が開催されました。


【バブル時の地上げ屋みたいな三役&一番右が花嫁募集中のL横山】

当クラブからの参加メンバーです。
勿論、少年じゃないので、主張する訳ではありません。
水戸西ライオンズクラブ会長賞を授与するためです。
おみくじのヤマガラみたいなものです。
そんなに可愛くありませんが……
ですから会長以外は無用の長物です。



会場では多くの子供たちが様々なテーマで自らの主張を発表しました。











三役も折角参加したのですから、この子供たちの想いを汲み取ることができたらすばらしいことだと思います。


【六平直政さんより悪人顔で居眠りする菅野会計】

勿論、無理ですが……

「本日  第37回少年の主張茨城大会に参加して来ました。
会場内は熱く途中で大介(筆者注:菅野会計のこと)さんのいびきが鳴り響きました。県知事賞は7番の子で橋本さん予想が的中でした。会長は水戸西ライオンズクラブ会長賞の授与がありました。」(原文ママ)とL横山から報告が入っております。

しかも「いびきまでかいてるのに寝てないって言い張ってます」(原文ママ)だそうです。
平気で嘘をつくようになったら人として終わりだとPR委員長は主張します。



そんな残念な人はさておき、子供たちの主張が続きます。

やがて表彰式が行われました。


【水戸西ライオンズクラブ会長賞を授与する泉会長】

熱意溢れる子供たちの主張に多くの人たちが感銘を受けました。
彼らの主張が多くの人々の心を動かし、そしてやがては社会をより良く変えるダイナミズムたらんことを願っております。

ところで、賞を授与する泉会長、ネタを提供する菅野会計、それを撮影報告するL横山となんだかんだで微妙に役割を果たしてますが……橋本幹事だけは本当に何しに行ったのかわかりません。
次回に期待しましょう。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

第85回献血会(9月第2例会)2015.9.17

2015.09.24 Thursday

9月17日にMEGAドン・キホーテにて第85回献血会を開催しました。
担当委員会の笹沼恭一委員長のもと、多くのメンバーが集まりました。
当日は生憎の雨天でしたが、メンバーの協力により無事設営を行うことができました。


【献血者への景品を用意するメンバー】



この悪天候で来場者数の心配がありましたが、それにもかかわらず多くの市民の皆様のご協力を賜ることができました。

例えば……



松永さんご夫妻とか……



最もこの方は事実上水戸西ライオンズのメンバーではないかとの認識を私は持っております。
今後もチラホラこの活動報告に登場するだろうと思います。

勿論メンバーも積極的に献血を行います。


【L山縣】


【L岡田】

ただ、残念ながら私は献血ができません。
何しろ血血と注射注射が大嫌いなもので真っ青……
ライオンズクラブがこんなに献血好きな集団だと知っていたら入会しなかったでしょう。

ただし、献血ができないメンバーは私だけではありません。
持病やコレストロールの処方薬が引っかかったり……
「俺は大丈夫だ!」と豪語しておきながら、あっさり血圧で引っ掛かったり……
メンバーの皆様におかれましては献血以前の問題として、自身の健康管理に努めて頂きたいと思います。

などと、途中、例会を挟みつつ





また、来場者を誘導しつつ


【L横山英樹、ただ今、花嫁募集中】



無事終了しました。

当日は多くの市民の皆様のご協力を賜りありがとうございました。
わけても茨城県立水戸商業高等学校様は協力依頼を快くお引き受け下さり、多くの水商生の皆様にご協力賜りました。
心よりお礼申し上げます。

今回の成果は下記の通りです。

1.献血申込者数 96名
2.献血者数   84名 30,800cc(200×14名、400×70名)
3.不適格者数  12名(200×3名、400×9名)

◎第1回〜第85回までの累計
 献血者数 14,691名
 採血量 3,607,200

なお、次回第86回献血会は2016年1月28日を予定しております。
近くなりましたらホームページでご案内申し上げますので、宜しくお願い申し上げます。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

モンゴル留学生(帰国)2015.9.16

2015.09.19 Saturday

いよいよ帰国の日がやってまいりました。
名残惜しいとは言え、会者定離は世の常のことです。
昔から光陰矢のごとしとか申します。
ましてや短期留学ですからやむを得ないことではあります。

昨夜の送別会でエンジャさんは予めスピーチを考えていたそうですが、いざとなると原稿を見ずに話し始めたそうです。
読まなかった原稿も大変すばらしいものなので、ご紹介いたします。


「水戸西ライオンズクラブからしゅさいしているこのプログラムに参加して本当にうれしいです。この2週間は とても楽しくてあっという間にすぎてしまいました.
学校はーばん楽しかったです。友達もたくさん作りました。 高校生の生活はモンゴルの生徒の生活より違ってとても楽しくて忙しい生活していることをわかりました。
それで日本のことがすきになりました。ひとびとはみんなやさしくて、いいふにいきでとてもうれしいです。
日本しょくもいろいろ体験してみましたが、一番おいしいのはカレーライスでした。
こんないいきかいを与えた水戸西ライオンズクラブのみなさんやホストファミリ いろいろお世話になりまして まことにありがとうございます。」(原文ママ)


日本に来て数日たった頃、エンジャさんは「私達二人の為にこんなに良くしてくれて驚きます。観光や送迎、モンゴルでは考えられないほど皆さんが親切にしてくれて感謝しています。ライオンズクラブ凄い」と言っていたそうです。


最後の晩、エンジャさんは、L市毛の娘さんの部屋で一緒に寝たそうです。


明けて、別れの時が来てしまいました。
名残惜しさもひとしおです。











L今井夫人は「行ってらっしゃい」という言葉で送り出したそうです。





昔の歌謡曲の一節に「ともに見送り見返りて、別れを惜しむ折からに」とありますが、無情にも時間は過ぎてまいります。



エンフアマル君はL今井ご夫妻に手紙を書いてくれたそうです。



帰国準備は前日に済ませてありますので、神應寺に集合してから成田空港へ出発しました。



子供たちは泉会長と橋本幹事とL横山が同乗するL大越が運転する車に乗り、齋藤モンゴル大使は煩いのでハブられて、私【PR委員長の笹沼】が運転する車に乗車しました。


【何か絵面が汚い泉会長と橋本幹事】

常磐自動車道を南下していたところ……
私の車を追い越しざまに見事に写真を撮るL横山
PR委員会メンバーとしての見事な仕事ぶりです。
有能な部下を持って幸せです。
特に必要はない写真ですが冷や汗


【ハブられた齋藤大使が同乗する私の車】

途中、休憩を挟み



成田空港へ到着



空港で昼食を摂りましたが



全員のオーダーを纏めるなど、いつものごとく万事活躍する齋藤大使
結構、仕切屋かもしれない
煩いと言われる所以でしょうか?




【空港での集合写真、会長とエンフアマル君の間に居る黒さで定評のあるL大越は殆ど影絵状態です。】
 


 
 

モンゴル留学生帰国No1


Posted by 水戸西ライオンズクラブ on 2015年9月16日

【空港にて子供たちと話をするL齋藤】


 
 
 

モンゴル留学生帰国No2


Posted by 水戸西ライオンズクラブ on 2015年9月16日

【搭乗間際】



齋藤モンゴル大使のコメント
「送迎チーム、無事水戸へ戻りました。
ホストファミリーの皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。
メンバーの皆さんもありがとうございました。
大使、チョットだけ休みます…」



橋本幹事のコメント
「今井家、市毛家、両家の皆様、この2週間大変御世話になりました。
二人の子供達の表情を見てると両家族が献身的にサポートしてくれているのは誰もが思っていた事だと思います。
本当にありがとうございました。
また、サム大使
本当にお疲れ様でした。
素晴らしい事業になりました。
今日からはゆっくり休めるね。
そしてteam Mongolの皆様もお疲れ様でした。」


 
―さいごに―
今回のモンゴル短期留学では、L今井ご夫妻、L市毛ご一家、啓明高校の教職員生徒の皆様、内田、奥山両先生、アクアワールド大洗様、游藝館の皆様をはじめとして、多くのメンバー及び関係者よりご支援ご協力を賜り誠にありがとうございました。
モンゴルの子供たちにとって今回の短期留学が大変有意義なものであったことは間違いありません。
あくまで日本語イマージョンプログラムの一環としての、日本語能力の向上並びに日本の習俗体験ではありましたが、皆様の温かい心により、たんなる学習以上の心的交流をはかることができました。
今回の事業が留学生たちだけではなく、ご支援賜りました皆様にとっても何物かを得る機会であってほしいと思っております。
最後に今回の事業において写真やコメントをお寄せくださいましたホストファミリーや関係者の皆様へ、PR委員会より心からの謝意を表し、それにも拘わらず拙い報告であったことをお詫び申し上げまして筆を擱かせて頂きます。
ありがとうございました。
PR・IT情報委員長 笹沼 拝





追伸:帰国後、留学生より送られてきた写真と動画とLINEのコメントです。


エンジャさんのLINE
「こんばんは。水戸西ライオンズクラブの皆さん、本当に楽しい2週間を過ごすことができました。ありがとうございました。
このような機会をあたえてくださったことに感謝しています。皆さんのおかげで日本に留学したいと言う気持ちをもっと強く持つことになって、とても嬉しいです。今から頑張ります。 💪🗻🗾🎌✈」(原文ママ)


エンフアマル君の写真と動画

 

エンフアマル君が帰国後送ってくれた動画です。

Posted by 笹沼 一弘 on 2015年9月18日