10月第2理事会2015.10.22

2015.10.25 Sunday

さて、果たして理事会の様子を活動報告として挙げるべきかどうかは迷いますが、当日所用により欠席したところ、L横山が写真を提供してくれたので、10月22日金龍館で開催された10月第2理事会・委員長会議の模様をアップしてみます。


【左から時計廻りに伊藤前会長兼諸般の事情による第一副会長には昇格しない予定の第二副会長予定者、市毛市民レクリエーション担当理事、大越市民レク委員長、市民レク委員会は担当事業であるイスバスin水戸フェスを3日後に控えているので忙しそうです】

担当理事を兼任するPR委員長である私が所用により該理事会を欠席するため、前会長兼諸般の事情により第一副会長には昇格しない予定の第二副会長予定者のL伊藤に委員会の代理報告を依頼しました。

すると当日他出中の私に橋本幹事より、委員会報告をどうするのかとの、連絡がありました。
既に事務局に伊藤前会長兼諸般の事情による第一副会長には昇格しない予定の第二副会長予定者に依頼した旨連絡してあるので、不思議な事ではありますが、あらためて同様に返答しました。

水戸西ライオンズクラブでは第2理事会で委員長会議を開催し、委員会報告を行いますが、委員長欠席の場合は副委員長を代理で出席させることになっております。
なってはおりますが、現実問題として両者とも出席できない場合の規定は存在しないので、その場合は法理上、理事会出席権者に依頼するしかありません。
従って、組織上の上位理事職に依頼することが法的整合性のみならず安定性を担保する唯一の方法でしょう。

ちなみにクラブ一の愛妻家と専ら評判の私は、当日、家内と岐阜県へ秋の味覚を味わうため、温泉旅行に行っておりましたから、理事会欠席はヤムヲエナイことです。


【左端から時計廻りに橋本幹事、泉会長、菅野会計、坂本副幹事、横須賀理事、くどいようですが決してその筋ではありません】



そして、理事会出席権者ではありませんが、なぜか橋本幹事より理事会へのオブザーブを要請され出席して薬物乱用防止の講習終了証を貰った、現在花嫁募集中の横山PR委員が理事会の写真を提出してくれたので、今回の報告となった次第です。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

世界ライオンズ奉仕デー2015.10.8

2015.10.25 Sunday

10月8日早朝に千波湖畔にて世界ライオンズ奉仕デーが開催されました。
これは1917年の同日にテキサス州グラス市で第1回国際大会が開催されたことを記念して全国一斉に奉仕活動を行うのだそうです。
そう言う訳で今年は水戸市内6クラブ合同で千波湖畔の清掃活動を行いました。


【早朝から千波湖畔に集合するメンバーたち】


【同じく集合する千波湖内の鯉たち】


【会長から何か貰って握手している市毛理事】


【爽やかに奉仕活動をする花嫁募集中のL横山】


【とても爽やかとは言えないL坂本】


【なぜかアップで写っているL加藤】


【おそらく奉仕活動後にメンバーと朝食を摂る、顔がむくんでいる太田PR副委員長】

ところで、何故こんな、なおざりな感じで報告を書いているかと言うと、私が所用で欠席したからです。
幸い有能な委員会メンバーに恵まれておりますので、写真だけは提出してくれたので、ササッとでっち上げられます。
状況等の聴取は面倒なので夏休み最終日の課題の追い込みのように雑に書いてます。
だから何?
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

イスバス練習体験2015.9.29

2015.10.01 Thursday

来る10月25日の水戸フェスにおいて、泉町三丁目付近にて、「ひとにやさしいまち」づくりを目指して、水戸西ライオンズクラブは恒例のイスバス事業を主宰する予定です。

と言うわけで、今年も事前にスピニングフープスレボリューションさんの練習にチョっとだけ参加させて頂きました。

場所はいつもの見川のサンアリーナ、時は午後6時半、道場破りじゃと勢い込んで来てみれば



すでに市毛市民レクリエーション委員会担当理事と大越委員長と森島副委員長がスピニングフープスレボリューションの齋藤代表と相談の真っ最中
PR委員長として写メを撮ったところ「無断撮影された」と齋藤代表の氷のような横目で抉られました。
やっぱり本物です。
何が本物なのかは聞かないでください。
聞かれても答えられません。



練習開始に先立ち、大越委員長がご挨拶を申し上げました。
いつもながら色が黒いです。



と、ここでL川島が登場
しかもマイシューズ持参で……



おまけにマイボールも持参で……

どんだけやる気なんだよ!

しかし、



大越委員長、ベルトが締まりません。



太田PR副委員長もベルトが締まりません。
当クラブは結構な確率で標準サイズでは間に合わない奴が多いです。
勿論私もです。

 

イスバス模擬試合何だかんだでゴールした大越委員長とL川島、太田PR副委員長は練習ではゴールバンバン決めたそうです。

Posted by 水戸西ライオンズクラブ on 2015年9月29日





【L川島撮影の競技用車椅子目線の写メ】

L川島はスッゲー楽しいと言ってました。
個人的に通うかもしれないそうです。
良かったですね。

ちなみに私はご挨拶のみです。
実は過去に一度だけ練習に参加しました。
確かに楽しかったので、自分としては一生懸命やったのですが……
翌朝から生きてることが不幸だと感じるほどの筋肉痛だけではない正体不明の様々な痛みに襲われました。
つくづく自分は究極のインドア派だと実感しました。
なので「手折らずにやはり野に置け蓮華草」ということで、野に咲く可憐な一輪の花のごとく、密かに体育館の片隅に佇んでました。



途中、斎藤代表と水戸フェスの打合せを行い、最後の締めを行い解散しました……
が、私、翌日人間ドックの予定が入ってまして……
午後9時までに夕食を済ませるよう言われておりましたが……
すでに9時半……

まぁ、海外旅行に行ったと思えば多少の時差は許されるでしょう……たぶん

ということで市毛担当理事と匠家へ



ラーメン中盛に海苔、キャベツトッピングと卵かけご飯
さて、明日の人間ドックはどうなるでしょうか

いずれにしてもイスバスは更に遠くなった気がします。

とにもかくにも市毛理事、ごちそうさまでした。

なお、本事業は詳細が決まり次第、本ホームページにてご案内申し上げます。
多くの皆様のご参加とご観覧をお願い申し上げます。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

第37回少年の主張茨城県大会2015.9.26

2015.09.28 Monday

9月26日鹿嶋勤労文化会館で水戸西ライオンズクラブが後援している第37回少年の主張茨城県大会が開催されました。


【バブル時の地上げ屋みたいな三役&一番右が花嫁募集中のL横山】

当クラブからの参加メンバーです。
勿論、少年じゃないので、主張する訳ではありません。
水戸西ライオンズクラブ会長賞を授与するためです。
おみくじのヤマガラみたいなものです。
そんなに可愛くありませんが……
ですから会長以外は無用の長物です。



会場では多くの子供たちが様々なテーマで自らの主張を発表しました。











三役も折角参加したのですから、この子供たちの想いを汲み取ることができたらすばらしいことだと思います。


【六平直政さんより悪人顔で居眠りする菅野会計】

勿論、無理ですが……

「本日  第37回少年の主張茨城大会に参加して来ました。
会場内は熱く途中で大介(筆者注:菅野会計のこと)さんのいびきが鳴り響きました。県知事賞は7番の子で橋本さん予想が的中でした。会長は水戸西ライオンズクラブ会長賞の授与がありました。」(原文ママ)とL横山から報告が入っております。

しかも「いびきまでかいてるのに寝てないって言い張ってます」(原文ママ)だそうです。
平気で嘘をつくようになったら人として終わりだとPR委員長は主張します。



そんな残念な人はさておき、子供たちの主張が続きます。

やがて表彰式が行われました。


【水戸西ライオンズクラブ会長賞を授与する泉会長】

熱意溢れる子供たちの主張に多くの人たちが感銘を受けました。
彼らの主張が多くの人々の心を動かし、そしてやがては社会をより良く変えるダイナミズムたらんことを願っております。

ところで、賞を授与する泉会長、ネタを提供する菅野会計、それを撮影報告するL横山となんだかんだで微妙に役割を果たしてますが……橋本幹事だけは本当に何しに行ったのかわかりません。
次回に期待しましょう。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

第85回献血会(9月第2例会)2015.9.17

2015.09.24 Thursday

9月17日にMEGAドン・キホーテにて第85回献血会を開催しました。
担当委員会の笹沼恭一委員長のもと、多くのメンバーが集まりました。
当日は生憎の雨天でしたが、メンバーの協力により無事設営を行うことができました。


【献血者への景品を用意するメンバー】



この悪天候で来場者数の心配がありましたが、それにもかかわらず多くの市民の皆様のご協力を賜ることができました。

例えば……



松永さんご夫妻とか……



最もこの方は事実上水戸西ライオンズのメンバーではないかとの認識を私は持っております。
今後もチラホラこの活動報告に登場するだろうと思います。

勿論メンバーも積極的に献血を行います。


【L山縣】


【L岡田】

ただ、残念ながら私は献血ができません。
何しろ血血と注射注射が大嫌いなもので真っ青……
ライオンズクラブがこんなに献血好きな集団だと知っていたら入会しなかったでしょう。

ただし、献血ができないメンバーは私だけではありません。
持病やコレストロールの処方薬が引っかかったり……
「俺は大丈夫だ!」と豪語しておきながら、あっさり血圧で引っ掛かったり……
メンバーの皆様におかれましては献血以前の問題として、自身の健康管理に努めて頂きたいと思います。

などと、途中、例会を挟みつつ





また、来場者を誘導しつつ


【L横山英樹、ただ今、花嫁募集中】



無事終了しました。

当日は多くの市民の皆様のご協力を賜りありがとうございました。
わけても茨城県立水戸商業高等学校様は協力依頼を快くお引き受け下さり、多くの水商生の皆様にご協力賜りました。
心よりお礼申し上げます。

今回の成果は下記の通りです。

1.献血申込者数 96名
2.献血者数   84名 30,800cc(200×14名、400×70名)
3.不適格者数  12名(200×3名、400×9名)

◎第1回〜第85回までの累計
 献血者数 14,691名
 採血量 3,607,200

なお、次回第86回献血会は2016年1月28日を予定しております。
近くなりましたらホームページでご案内申し上げますので、宜しくお願い申し上げます。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

モンゴル留学生(帰国)2015.9.16

2015.09.19 Saturday

いよいよ帰国の日がやってまいりました。
名残惜しいとは言え、会者定離は世の常のことです。
昔から光陰矢のごとしとか申します。
ましてや短期留学ですからやむを得ないことではあります。

昨夜の送別会でエンジャさんは予めスピーチを考えていたそうですが、いざとなると原稿を見ずに話し始めたそうです。
読まなかった原稿も大変すばらしいものなので、ご紹介いたします。


「水戸西ライオンズクラブからしゅさいしているこのプログラムに参加して本当にうれしいです。この2週間は とても楽しくてあっという間にすぎてしまいました.
学校はーばん楽しかったです。友達もたくさん作りました。 高校生の生活はモンゴルの生徒の生活より違ってとても楽しくて忙しい生活していることをわかりました。
それで日本のことがすきになりました。ひとびとはみんなやさしくて、いいふにいきでとてもうれしいです。
日本しょくもいろいろ体験してみましたが、一番おいしいのはカレーライスでした。
こんないいきかいを与えた水戸西ライオンズクラブのみなさんやホストファミリ いろいろお世話になりまして まことにありがとうございます。」(原文ママ)


日本に来て数日たった頃、エンジャさんは「私達二人の為にこんなに良くしてくれて驚きます。観光や送迎、モンゴルでは考えられないほど皆さんが親切にしてくれて感謝しています。ライオンズクラブ凄い」と言っていたそうです。


最後の晩、エンジャさんは、L市毛の娘さんの部屋で一緒に寝たそうです。


明けて、別れの時が来てしまいました。
名残惜しさもひとしおです。











L今井夫人は「行ってらっしゃい」という言葉で送り出したそうです。





昔の歌謡曲の一節に「ともに見送り見返りて、別れを惜しむ折からに」とありますが、無情にも時間は過ぎてまいります。



エンフアマル君はL今井ご夫妻に手紙を書いてくれたそうです。



帰国準備は前日に済ませてありますので、神應寺に集合してから成田空港へ出発しました。



子供たちは泉会長と橋本幹事とL横山が同乗するL大越が運転する車に乗り、齋藤モンゴル大使は煩いのでハブられて、私【PR委員長の笹沼】が運転する車に乗車しました。


【何か絵面が汚い泉会長と橋本幹事】

常磐自動車道を南下していたところ……
私の車を追い越しざまに見事に写真を撮るL横山
PR委員会メンバーとしての見事な仕事ぶりです。
有能な部下を持って幸せです。
特に必要はない写真ですが冷や汗


【ハブられた齋藤大使が同乗する私の車】

途中、休憩を挟み



成田空港へ到着



空港で昼食を摂りましたが



全員のオーダーを纏めるなど、いつものごとく万事活躍する齋藤大使
結構、仕切屋かもしれない
煩いと言われる所以でしょうか?




【空港での集合写真、会長とエンフアマル君の間に居る黒さで定評のあるL大越は殆ど影絵状態です。】
 


 
 

モンゴル留学生帰国No1


Posted by 水戸西ライオンズクラブ on 2015年9月16日

【空港にて子供たちと話をするL齋藤】


 
 
 

モンゴル留学生帰国No2


Posted by 水戸西ライオンズクラブ on 2015年9月16日

【搭乗間際】



齋藤モンゴル大使のコメント
「送迎チーム、無事水戸へ戻りました。
ホストファミリーの皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。
メンバーの皆さんもありがとうございました。
大使、チョットだけ休みます…」



橋本幹事のコメント
「今井家、市毛家、両家の皆様、この2週間大変御世話になりました。
二人の子供達の表情を見てると両家族が献身的にサポートしてくれているのは誰もが思っていた事だと思います。
本当にありがとうございました。
また、サム大使
本当にお疲れ様でした。
素晴らしい事業になりました。
今日からはゆっくり休めるね。
そしてteam Mongolの皆様もお疲れ様でした。」


 
―さいごに―
今回のモンゴル短期留学では、L今井ご夫妻、L市毛ご一家、啓明高校の教職員生徒の皆様、内田、奥山両先生、アクアワールド大洗様、游藝館の皆様をはじめとして、多くのメンバー及び関係者よりご支援ご協力を賜り誠にありがとうございました。
モンゴルの子供たちにとって今回の短期留学が大変有意義なものであったことは間違いありません。
あくまで日本語イマージョンプログラムの一環としての、日本語能力の向上並びに日本の習俗体験ではありましたが、皆様の温かい心により、たんなる学習以上の心的交流をはかることができました。
今回の事業が留学生たちだけではなく、ご支援賜りました皆様にとっても何物かを得る機会であってほしいと思っております。
最後に今回の事業において写真やコメントをお寄せくださいましたホストファミリーや関係者の皆様へ、PR委員会より心からの謝意を表し、それにも拘わらず拙い報告であったことをお詫び申し上げまして筆を擱かせて頂きます。
ありがとうございました。
PR・IT情報委員長 笹沼 拝





追伸:帰国後、留学生より送られてきた写真と動画とLINEのコメントです。


エンジャさんのLINE
「こんばんは。水戸西ライオンズクラブの皆さん、本当に楽しい2週間を過ごすことができました。ありがとうございました。
このような機会をあたえてくださったことに感謝しています。皆さんのおかげで日本に留学したいと言う気持ちをもっと強く持つことになって、とても嬉しいです。今から頑張ります。 💪🗻🗾🎌✈」(原文ママ)


エンフアマル君の写真と動画

 

エンフアマル君が帰国後送ってくれた動画です。

Posted by 笹沼 一弘 on 2015年9月18日

モンゴル留学生(啓明高校最終日&送別会)2015.9.15

2015.09.16 Wednesday

今日はいよいよ最終登校日です。



エンジャさんは何度もため息をついていたそうです。
「学校はすごく楽しい。皆ともっと一緒にいたい。日本に住みたい。帰りたくない。」と……

最後に見送りに来てくれた啓明高校のクラスメートたちと記念写真も撮りました。

短期間ではありましたが、2人にとって素晴らしい経験となったようです。
彼らに温かく接してくださいました啓明高校の皆さん、ありがとうございました。

この後は水戸西ライオンズで留学生たちの送別会を開きました。



会長挨拶やら



ホストファミリーのスピーチやら


【エンフアマル君のホスト、L今井】


【同じく、L今井夫人】


【エンジャさんのホスト、L市毛】


【同じく、L市毛夫人】

その他、橋本幹事の指名により延々スピーチが続きますが、余りにも冗長なので割愛します。

何と言っても大事なのは

エンフアマル君の挨拶と

2015年9月15日モンゴル留学生送別会で挨拶をするエンフアマル君

Posted by 水戸西ライオンズクラブ on 2015年9月15日


エンジャさんの挨拶と

2015年9月15日モンゴル留学生送別会で挨拶をするエンジャさん

Posted by 水戸西ライオンズクラブ on 2015年9月15日


ついでに斎藤モンゴル大使も入れてあげましょう。

2015年9月15日モンゴル留学生送別会で挨拶をするL齋藤修

Posted by 水戸西ライオンズクラブ on 2015年9月15日





宴もたけなわではありますが、日本最後の夜ですので、この後留学生たちはホストファミリーとカラオケに行くことになりました。


ということで、カラオケ大会の始まりです。









ホストファミリーの皆様お疲れさまでした。

明日はいよいよモンゴルの子供たちが帰国します。
我々、水戸西ライオンズクラブは離日まで子供たちのサポートをすることが務めです。
成田空港13:55発予定の帰国便に無事に乗り込むまで、気を緩めるわけにはいきません。

モンゴル留学生(啓明高校6日目)2015.9.14

2015.09.15 Tuesday

さて、今回の留学も残り2日となってしまいました。

下校後エンジャさんは清美夫人と夕食を作ったそうです。



まずは肉じゃが、糸こんにゃくは初めて見ました。



きんぴらごぼうも作りました。
ゴボウも初めてだそうです。
細長い黒い野菜に驚きました。



美味しそうに出来上がりました。



一方、エンフアマル君は、L今井夫人が「ママとご飯作るのとジム、どっちが良い?」と聞いたところ、速攻で「ジムが良い」と答えたそうです……

L今井夫人、すみません。
男なんて所詮そんなもんです。
と、取敢えず男を代表して謝罪いたします。
ワタクシごとき、決して、世の男性を代表できるような立場ではありませんが……

最も今は男も家事をするのが当然の時代であることは念のため申し添えます。
ですから、ご閲覧賜る皆様におかれましては、男尊女卑とか男女共同参画に反するとかで、このブログを炎上させないでください。
PR委員長からのお願いです。





初めてのしゃぶしゃぶ、ジムの後の一杯
「せっかく運動したのに……」とはL今井夫人のコメントですが、確かに穴を掘って、埋めるような行為です。

あるいは飲んで吐くような行為とも言えます。

個人的に深く反省します。

さて、そんな中、齊藤モンゴル大使は「おさむさんは、ベタベタの日本のドラマ、恋仲見てます…」と、イミフなラインをアップしてきやがりました。


【↑自分であげてきました。酔っぱらってるのか?】

挙句の果てに「アマルもエンジャも良い恋しろよぉ〜」などとほざく!

マッタク余計なお世話じゃ!

さて、こういう頓珍漢を晒し者にして制裁を与えることも、辛いことではありますが、PR委員長の大事な御役目です。
ケケッ!


もとい、エンフアマル君は2年生の時、日本でのホームステイで体験して以来の2度目のボーリング



そして、まったりとテレビ鑑賞



日本のアニメは万国共通のようです。

しかし、2週間余りの短期留学の期間はあっと言う間に過ぎてゆきました。
会者定離は世の定めとは言え、一抹の寂しさも漂ってきます。
明日は最後の登校日です。
送迎会も行う予定です。

モンゴル留学生(アクアワールド大洗水族館)2015.9.13

2015.09.14 Monday

本日は大洗方面へ
今日は齊藤モンゴル大使とL加藤が引率者です。

まずは腹ごしらえということで「ひでまる」



エンジャさんは初めてのひでまるです。



美味しかったでしょうか?



こちらは新入会員のL加藤です。
今、私が個人的に一番リスペクトしているメンバーです。
彼の入会挨拶を呼んで以来、彼が何を考えているのか気になってしょうがない。
と、それは個人的な事なので置いといて……

一旦コーヒーブレイク



と言えば、当然サザコーヒーでしょう!



いよいよ大洗で、まずは遊覧船に乗ります。



「カモメーがとんだー、カモメーがとんだー♪」
お若い方は分らないかもしれませんが「かもめが翔んだ日」の歌詞です。



カモメに餌をやります。





そして本日の目玉、アクアワールド大洗です。
アクアワールド大洗様のご厚意によりバックヤードの見学等、レアな体験をさせて頂きました。
ありがとうございました。







ちなみに齊藤修モンゴル大使の愛称は「サム」です。
これを見つけた時の奴のしてやったりとの顔が思い浮かびます。
わざわざ写メを送ってくるほどですから……



ああ、これはタカアシガニ!
世界最大の節足動物、生きた化石とも言われている……
私が(例によって)個人的にリスペクトして止まない海洋生物です
私が子供の頃、まだ大洗水族館と呼ばれていた頃から居ました。
(まさか、当時のタカアシガニではないでしょうが)
その余り動きの無い姿に、王者の風格を感じた……
というより蟹が好物だったので、食べ甲斐があるだろうなと思い続けたある日のこと
何と伊豆半島の戸田漁港では水揚げされていて、食べることができるとの情報を掴み
乗り気ではない家内を、強引に説得して……
生きた化石を食べに行くぞとテンション上げ上げの予定の日にまさかの暴風雨……
断念したという悲しい思い出が……
家内はホッとしてましたが……
いつか、お前を食ってやる食事

だいぶ脱線しましたが、続いてイルカショーです。



子供たちは濡れる気満々だったそうです。



砂かぶりならぬ水かぶり席です。



イルカショーに



アシカの演技
皆びしょ濡れになったそうですが、楽しかったことでしょう。

帰宅後エンジャさんは笠間市でL市毛の親戚のおばさんとモンゴル人の友人を交えて食事を摂ったそうです。


【エンジャさんと麻矢さん】



食後は手相を見てもらったそうです。



やはり女の子なので占いに興味津々、いろいろなことを当てられて驚いていたそうです。



ちなみに私は男の子なので、占いに興味はありません。
多分知らない方が良い運命のような気がするので……
知らない方が良い事もあるのではないでしょうか
いきなり明日死にますとか言われてもどうしようもないし苦笑



エンジャさんは将来に対するアドバイスを受けてご満悦だったそうです。
日本の大学に必ず入るとの強い意志を示したそうです。

さて、明日からまた啓明高校へ登校します。
しかし、残る登校日はあと2日のみです。
3日後にはモンゴルへ帰国しなければなりません。
ついこの間来日したばかりと思ってましたが早いものです。
残された日々も彼らにとって素晴らしい経験となってほしいものです。

モンゴル留学生(ディズニーランド)2015.9.12

2015.09.13 Sunday

今日はウィークエンド、モンゴル留学生たちは東京ディズニーランドへ
L今井夫人とL市毛夫人と帰省中のL市毛の長男が付き添いで行ってくれました。





ディズニーランドに到着







STARツアーズ
スターウォーズ
↑最初にこう書いてアップしたところ、30秒後に太田副委員長から訂正命令が……
 不思議とこういうデキルところがある男、自称テディベアのL太田英樹


【お礼に太田副委員長の画像をアップ】

もとい、ディズニーはまだ続きます。



ブランチ
昼食←太田副委員長からの訂正









カヌー







遅めのランチ
夕食←太田副委員長からの訂正











さて、いよいよ帰宅というところでトラブルが……
どこに駐車したか分らなくなり30分ほど探し続けたそうです。
ディズニーの駐車場は、ただでさえ広い上に、帰宅時暗くなると昼間とイメージが変ってしまうので、駐車場所が分からなくなるという話は良く聞きます。



帰り道で……夕食夜食なのかポスト夕食なのかは分りませんが←太田副委員長からの訂正

帰宅は午後10時を過ぎたようです。
L今井夫人に長距離の運転をお願いしてしまいました。
ありがとうございました。
きっと子供たちにとっても楽しい一日であったことでしょう。

明日は齊藤モンゴル大使とL加藤が、2人を大洗方面へ連れて行く予定です。