2016年度 出席・会則委員会

2016.11.17 Thursday

出席・会則委員会 委員長  横須賀 均

 

1年の抱負

 

  小倉寿行会長予定者から委員長の要請を受けた時に、簡単に引き受けてしまった。ところが、いざ委員会構成の案を示された時に困り果てた。LCに入会して30年以上過ぎたが、会員会則委員会の委員長はおろか副委員長さえ経験が無い事を思い出したから。何をしたらいいのだろう。

  数える程の委員としての会員会則委員会活動で印象深かったのは、故L.大塚弘の時とL野村の時だ。L大塚の時は、入会間もなくで何も手許に残っていない。L野村の時は、順序だてて資料を提供してくれたので、そのファイルを収納庫からひっぱり出して改めて見た。やはり、老若いるメンバー全員に見て、読んでもらうには、手許に配るという事が一番か。

  今年度のキャビネットは、何度か新人教育をやりたい意向の様子。新しい若いメンバーに、クラブ内でも勉強会参加を強いるのは酷だろう。LCに関するテーマを決めて、A4・1頁程度の委員会レターとして会員に配り、ディスカッションの材料になれば御の字か。今年はそれで行ってみよう。何かプラスできればベターだな。

コメント
コメントする