クリスマス例会2015.12.2

2015.12.03 Thursday

ホテルレイクビュー水戸においてクリスマス例会を開催しました。
毎年、外部からご来賓をお迎えしての設営でしたが、今期は水戸西ライオンズクラブ結成45周年記念の年ということで、周年事業が予定されておりますので、今年のクリスマス例会はメンバーとその家族及び関係者という内輪の家族例会としての開催でした。




受付に追われている横須賀氏と山縣氏


同じく根本事務局員、カメラを向けたとたんポーズを取ろうとしましたが、そんなにタイミング良くは撮れません。


会場の衝立の裏側ではオジサン達が何やら怪しい動きを……


メンバー及び家族の皆様も段々集まってきました。


やがて橋本幹事が例会の始まりを告げます。


そして山縣副テールツイスターによるセレモニーの司会が始まりました。




泉会長の挨拶


小倉第一副会長による開会の挨拶


大澤計画委員長の挨拶


内田禮右氏による乾杯の発声


が、セレモニーの間、子供たちは退屈であろうとのことで、会場外でくじ引き大会を開催しました。


やがて盛宴となり

アトラクションとして茨城大学マジックサークル「アンビシャス」のメンバーによるマジックショーが行われました。










途中、横須賀均氏の二番目のご息女が結婚されるとのことで、ドネーションを頂戴しました。
おめでとうございます。

そして恒例のラッキーカードタイム
早い話がくじ引きです。











一部商品に余裕が出たので、急遽メンバーの奥様と子供たちによるジャンケン大会が開催されました。

やがてメンバーの家族と子供たちへのサンタクロースによるプレゼントタイム
先ほどのオジサンたちの怪しい動きはこのための衣装合わせだったようです。



サンタクロースの衣装に着替える伊藤前会長兼諸般の事情による第一副会長には昇格しない予定の第二副会長
……が、なんか変?



実はレディースサンタクロースのコスチューム
しかし、ウエストが絞れなければ唯のサイズのきついコスプレに過ぎません。
思いっきり滑りました。

それはともかく
意気揚々とプレゼントを配りますが、もはやサンタとトナカイの役割分担など無視しております。





サンタとトナカイと子供たちの記念撮影


坂本副幹事とご令嬢のツーショット
こんな満面に笑みを浮かべた副幹事の姿は滅多に見られません。
メンバーたちも口々に「家族と一緒の坂本さんは、普段と違ってとても優しそうに見えるのが不気味だ!」と言っておりました。


こちらは大澤計画委員長とご家族のスナップショット
やはりこんな笑顔の大澤委員長の姿も滅多に見ることはできません。
おまけにこれ程家庭臭のない人も珍しいので、貴重な写真です。
なにしろ自分で「珍しいだろう!」と言っていたくらいなので……


やがて定刻となり、小倉第一副会長による閉会の言葉で終宴となりました。

最後にこれまた恒例の「また会う日まで」を行って解散です。







【なお最後に集合写真を撮ろうとしたところ、田中氏より早く俺の遺影を撮影しろと言われたことが、上記「終宴」動画のやり取りに繋がりました】

本日は多くの家族の皆様にご参加頂きありがとうございました。
ライオンズクラブは社会の公益のため、奉仕活動を行っております。
その対象である社会には、当然メンバー自身もその家族の皆様も含まれておりますが、活動に際しては、どうしても家族の皆様にご負担をかけてしまう場合も多々あります。
決して本日のクリスマス例会で、贖罪が適う訳ではありませんが、少なくとも我々水戸西ライオンズのメンバーは、そのような家族の負担を無視しているわけではないということと、家族の理解と協力に対し感謝している我々の気持ちを知ってほしいとの思いでの今回のクリスマス例会の設えでした。
今後も温かく見守って頂けるようお願い申し上げます。
 
(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)
コメント
コメントする