2013年4月20・21日333−E地区年次大会(21日は第二例会)

2013.04.20 Saturday

いよいよ明日が年次大会本番、水戸西ライオンズメンバーと、文化センターに於いて、大会資料のセッティングと仕分け作業を行いました。


水戸西ライオンズクラブ活動報告


水戸西ライオンズクラブ活動報告
【アワードを几帳面に分類するL水上、さすが銀行家です】


水戸西ライオンズクラブ活動報告
【カメラを向けたら、何故か威嚇するL大澤、目線が合うだけで喧嘩を売る悪い癖は治してほしいものです】


水戸西ライオンズクラブ活動報告
【大ホールではリハーサルを行っております】


さて、いよいよ大会当日、まずは受付で来場者に大会資料等を配布します。

当日は、生憎の悪天候で底冷えする中、水戸西のメンバーはトラブルもなく、作業を行ってくれました。


水戸西ライオンズクラブ活動報告

続いてL奥田(裕)の献血・献眼分科会

本年度の年次大会は、その本義を重んじて、分科会を重視するとの委員長の考えで、特に力を入れて行われました。


水戸西ライオンズクラブ活動報告


水戸西ライオンズクラブ活動報告


水戸西ライオンズクラブ活動報告


水戸西ライオンズクラブ活動報告

水戸西のメンバーも多数参加しました。


やがて、記念式典が始まり、奥田顧問も壇上に立ちました。


水戸西ライオンズクラブ活動報告


水戸西ライオンズクラブ活動報告

が、その間、アワード引渡し準備も終わって、マッタリとしているメンバー達


水戸西ライオンズクラブ活動報告

やがて「小人閑居して不善を成す」の喩えの通り、早速良からぬ振る舞いに及ぶ人たち


水戸西ライオンズクラブ活動報告

L小倉「やっぱり、五十代は修ちゃんだよね」

L齋藤「いや、小倉さんがやるなら付いてきます」

L橋本「やるときゃ、やるんだよ」

L齋藤「はっきり、断ります」

L橋本「ふざけんなよ」


水戸西ライオンズクラブ活動報告

L橋本「やっぱり太郎がやるしかないな」

L齋藤「相応しいです」

L鈴木「いやいや、何言ってるんですか」

私「L鈴木が五十代をやるんなら、僕が幹事をやるしかないでしょう」

L橋本「ほら見ろ、もう幹事もきまってるぞ!やるしかねえだろう」

L鈴木「そういうのやめて欲しいな〜」


水戸西ライオンズクラブ活動報告

などという無駄話にも飽きて


水戸西ライオンズクラブ活動報告

売店で販売されていたライオンズのマークだらけのネクタイを締めて遊んだりしている内に、いよいよ式典も閉会


一気に押し寄せる人の波


水戸西ライオンズクラブ活動報告


人の波


水戸西ライオンズクラブ活動報告


波平…じゃなくて、たまたま被写体が被っただけです。

わざとじゃありません。

本当です。


水戸西ライオンズクラブ活動報告

次から次へとアワードを渡すメンバー達。

お蔭様で、特にトラブルもなく終了することができました。


水戸西ライオンズクラブ活動報告

最後に野村幹事からの労いの言葉を頂きました。


水戸西ライオンズクラブ活動報告

が、何故か、含み笑いをするL橋本、理由は言えませんわかりません。


コメント
コメントする