平成29年度 少年の主張 茨城県大会

2017.10.28 Saturday

#水戸西ライオンズクラブ
平成29年度 少年の主張茨城県大会が開催され、想いある少年の主張の中から、『水戸西ライオンズクラブ会長賞』を斎藤第一副会長より贈呈させていただきました。

 

その中から、茨城県知事賞受賞者の 高 友萌 さんの主張文を掲載させていただきます。

(知事賞受賞者から、主張文掲載の了承が得ております。)

 

 

どこにもない『普通』

 茨城県筑西市立下館南中学校 3年

 磔 友萌

 「英雄。何でここに居んでえ?」

高校の入学式。兄の友人が、最初に発した言葉です。その頃、母も、ママ友から、

「磔さん。何でここに居るの。」

と、声をかけられていました。悪気はないのです。それ程、兄の工業高校進学は、衝撃的なことだったのです。

 兄は、自分の名前を読むこともできないまま、小学生になりました。そして、勉強は、友人より常に二歩も三歩も遅れていました。

「ビリでもいいのよ。ビリから2番目の背中さえ見えていれば、いつかきっと追いつけるから。」

それが、母の口ぐせでした。

 こんなエピソードがあります。それは、兄が繰り上がりの足し算を習った日のことです。

兄は、怒りをむき出しにして帰宅しました。

「先生は、おかしいんだよ。僕の指は、全部で10本しかないんだよ。だけど、頑張って10より大きい足し算をしたんだよ。それなのに、先生は、10の位に1って書けって言うんだよ。絶対に変だよね。」

ふてくされた兄の目から、今にも涙がこぼれそうです。そのとき、母はどうしたと思いますか。「そんなこともわからないの。」と言って叱った?いいえ。母は、どのように説明すれば兄が理解できるかを、とてもよくわかっていました。そこで、母は、画用紙に大きく筆算の式を書いたのです。そして、10円玉と1円玉を式と同じ数だけ置き、兄に数えさせました。更に、1円玉10枚と10円玉を両替し、「10の位はね、10円玉の数を書く所なんだよ。」と言いました。1円玉10枚が10円玉1枚になる。それは、兄にとって、とても納得できる説明でした。

 私は、このエピソードを知ったとき、伝えることの難しさと大切さについて考えさせられました。

 小学生のとき、私には、発達障害の友達がいました。見た目は普通の子と同じなのに、うまく会話が続きません。ブランコが大好きで、ずっと乗っていて交替しないので、けんかになることもあります。教室移動のとき、準備が間に合わず遅れてしまうこともありました。そんな彼女に、どうしたら言いたいことが伝わるのか、試行錯誤の上わかったこと。それは、まず初めに、『貴女に話すよ。』という意思表示をすると良いということでした。

「○○ちゃん。」と名前を呼んだり、軽く肩をたたいたりして目と目が合うようにします。それから、少しゆっくり話してあげると、伝わることが多いのです。主語をはっきりさせたり、一文一文を短くする工夫もしました。

 今、彼女は特別支援学校へ行っているのでほとんど会うことはありません。でも、偶然町で会ったとき、とびっきりの笑顔を向けられると、『この子と友達になれて良かったな。』と、心から思います。

 兄は、発達障害者ではありません。しかし、勉強は苦手でした。母が兄の良き理解者だったからこそ、皆に『奇跡』と言われるような力を発揮し、現在、工業高校で学んだことを活かして充実した日々を過ごしています。

 発達障害の人の中には、勉強の成績が優秀なために子どもの頃に気付かず、大人になってから発達障害とわかる人もいるそうです。勉強が苦手な兄は普通で、成績優秀な人が障害者?普通って、いったい何なのでしょう。

 普通なんて、本当は、どこにもないのかもしれません。障害がない人にも、苦手なことがあります。もちろん、得意なこともあります。人と人とが関わる中で、良い所を引き出し、苦手なことを補い合えたら、いろいろなことがうまくいくのではないでしょうか。

 相手を理解しようとするほんのわずかの思いやり。自分を表現しよう、考えを伝えようとする小さな努力の積み重ね。それさえあれば、一人ひとり、皆が個性を活かし輝けるはずです。そして、それは、幸せな社会を作る大きなヒントだと私は信じています。

 

以上

この高さんの主張文を読んで、「やさしさ」「思いやり」が伝わりました。

私達、水戸西ライオンズクラブが掲げる「やさしい街」にも共感出来ます。
そんなやさしさや思いやりが溢れる街、「やさしい街・水戸」にしていきたいですね!
(水戸西LC 広報委員会 L谷津)

2017年9月24日開催の「やさしい街・水戸」Projectーイスバスin水戸フェスータイムスケジュール

2017.09.23 Saturday

水戸西ライオンズクラブ
9月24日日曜日に開催される 水戸フェス で私達水戸西ライオンズクラブが行う催しのタイムスケジュールが出来ました。お目当ての催しに是非足を運んで下さい。場所は国道50号水戸泉町3丁目付近です。私達が掲げる、 やさしい街・水戸を体感ください。
(主催者の都合によりタイムスケジュールが変更になることがあります。)

 

第6回水戸まちなかフェスティバル やさしい街づくりプロジェクト 献血会のお知らせ

2017.09.19 Tuesday

第6回水戸まちなかフェスティバル やさしい街づくりプロジェクト

2017.08.26 Saturday

PR動画

2017.06.29 Thursday

大変お待たせをいたしました。

2016.11.16 Wednesday

2016年度PR・IT情報委員会 委員長のL太田でございます。

 

2016年度に入り委員長を拝命いたしましたが、可及的速やかにホームページの更新をしなければなりませんところ、引き継ぎました内容の中でプロバイダの方のサーバー名が変更になっていることに気付かず更新ができずにおりました。

 

と、長々と言い訳を述べさせていただきましたが実はFacebookはマメに更新しておりましたので少々甘い考えで怠っていたというのも事実です(苦笑)

大変申し訳ございませんでしたm(__)m

今後はこのような事が無いように鋭意努力してまいりますので、温かい目で見守ってください。

宜しくお願い致します。

 

まずは会長方針から更新いたしましたのでご確認下さい。

 

また更新されていないところはデータが揃い次第、順次更新させていただきますので今しばらくお待ちください。

2016.6.30任期満了

2016.06.30 Thursday

本日6月30日の期末最終日を以て、私のPR・IT情報委員長の役職は終了することになりました。

本年度は一年理事兼PR担当理事でもあったのですが、次年度は二年理事兼PR担当理事だけですので、今年よりは職責が軽くなります。

そして次年度のPR委員長は、本年度副委員長として私を支えてくれたL太田が就任することになります。

思えば、今期開始間際のまさかの委員長予定者の退会を受けて、急遽、委員長を兼任することになり、併せて泉会長のPR改革としてのペーパーレス化の方針を形にしなければならないとの重責を担うことになりましたが、決してITスキルの高くない私が不完全ながらも何とか形作ることができたのは太田副委員長の助けがあればこそでした。

また、川島PR委員が次期PR副委員長に就任します。是非太田次期委員長を支えてほしいと思います。

奥田PR委員は本年度周年実行委員長であり多忙であるなか、貴重な時間を割いて未熟な委員長を支えて頂きました。

さらに、横山PR委員は新入会員でありながら、当委員会のみならず当クラブ全般にわたって八面六臂の活躍を見せてくれました。

次年度は副幹事に就任する予定です。今期以上の成果を期待しておりますし、今期PR委員会のメンバーは全面的な協力を惜しまないことでしょう。

そして野村PR委員と長野PR委員はペーパーレス化を受けて、大変な中、そのキャリアを生かして委員会の運営に貢献して頂きました。

岡田委員は仕事柄なかなか時間が取れない中、貴重な時間を割いて少しでもとのことで、委員会に参加してくれました。

今期一年間大変拙い委員会運営でしたが、顧みれば彼らの献身的な助力により、何とか今日の日を迎えることができたことを、今更ながら実感し、心より感謝申し上げます。

泉会長を始め三役に対しても心からの賛辞を捧げたいと思います。

急遽の委員長兼任に伴い、委員会構成の変更や、ペーパーレス化に要する予算要求等、既決の案件の変更を要請したところ、全てを呑んでくださいました。

今期、泉会長は就任式に置いてライオンズクラブの「一人の英雄もなく、一人の非協力者もなし」との言葉を引用いたしました。

実際、委員会メンバーのみならず、全てのメンバーの協力によりPR委員会の仕事を果たすことが出来たと実感しております。

願わくば太田委員長予定者の率いる次期PR委員会へも、今期以上の協力をお願いする次第です。

今期すでに多大な貢献を果たしたL太田ですので、クラブメンバーの協力を得られれば今期以上の大きな成果を挙げることができるでしょう。

最後に、われわれPR・IT情報委員会の職掌は、対内的には情報の共有化、対外的には情報の発信であります。情報の共有化を通じて全メンバーが同じ目標を目指す道標となり、発信を通じて社会との協働のシナジーを高めることを目的としております。PRとはPublic Relationsの略であり、広報宣伝活動を含む広範囲な概念であり、あらゆるステークホルダーを包括する関係性における双方向性コミュニケーションを担保する行為であり、その意味においてクラウド的コミュニケーション関係の動的構築であると言えるでしょう。そしてその構築はIT技術の進捗により、範囲とスピードとボリュームが日増しに増大しております。そのような中、今日においては、本来の目的も果しえなくなった、従前の紙媒体をメインとした静的情報発信システムを脱却して、新たな手法をメインに、ドラスティックな変換を志向した泉会長の方針は、既に遅いくらいのものであり、故にこれ以上遅らせるわけにはいかないものでした。今期の改革により水戸西ライオンズは未来への可能性をより広げることができたと確信しております。そして、水戸西ライオンズが社会奉仕団体であることを自らのレゾンデートルとしているのであれば、変化する社会に相応することこそ、必要最低条件であります。すなわち我々は1917年にメルビン・ジョーンズが目指した社会奉仕への志向性と同期するためにこそ、変わって行かなければならないし、また、変わることを恐れるものではありません。なぜならば我々が恐れる唯一のものは、社会奉仕への義務を果しえないことのみであるからです。次期以降も決して退却することなく、歩一歩前進していく事を期待しつつ、今期PR委員長としての筆を措かせて頂きます。ありがとうございました。

 

(文責:PR・IT情報委員長 笹沼一弘)

結成45周年記念式典の写真及び動画の共有化のご案内

2016.06.30 Thursday

遅くなりましたが2016年2月19日に開催した水戸西ライオンズクラブ結成45周年記念式典の写真及び動画をOneDriveにアップして共有ファイルに設定しましたので、ご参加頂いた皆様におかれましては、ご賢覧の上、任意で下記リンクより適宜ダウンロードくださいますようお願い申し上げます。
なお、めんどうなので当クラブの情報公開のコンプライアンスをも担当する委員会として、積極的かつ広範囲な情報公開をはかることにより、ライオンズクラブの社会奉仕に対する公益性のアドバンテージを確保するため、当日、撮影・録画したデータを全く未整理でアップしておりますので、場合によっては醜い見にくいデータも含まれているかもしれない上に、データ総量は約13.6Gになります。お使いの通信環境により異なりますが、全データをダウンロードしようとした場合、下りでも、相当の時間がかかる可能性がありますので、ご了承ください。担当委員会としては、必要なデータを選択してダウンロードすることをお奨めした上で、後は、ただただ快適なデータ取得をお祈り申し上げることしかできません
(2016年度PR・IT情報委員会 委員長 笹沼一弘)

この度の熊本地震の被災者の皆様へのお見舞い

2016.04.17 Sunday

 この度の熊本地震によりお亡くなりになられた方々及びご遺族の皆様に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災され今なお困難な生活を余儀なくされておられます皆様に衷心よりお見舞い申し上げます。被災者の皆様のご健康と被災地の1日も早い復興をお祈り申し上げます。

水戸西ライオンズクラブ
会長 泉 幸男
メンバー 一同  

謹賀新年

2016.01.02 Saturday

謹んで新春を言祝ぎ奉ります。


 旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。


 皆様のご支援、ご協力により、私ども水戸西ライオンズクラブは様々な社会奉仕活動を行うことができました。


 新年もまた、旧に倍するご芳情を賜りますようお願い申し上げますとともに、本年、当クラブが結成45周年を迎えることを契機として、より良い社会の為に更なる奉仕活動を、より一層の情熱を持って希求して行くことをお約束申し上げます。

 
 末筆ながら皆様のご隆盛を衷心よりご祈念申し上げ、新年のご挨拶に代えさせて頂きます。


 平成廿八年歳次丙申元旦

 
水戸西ライオンズクラブ一同
 
水戸西ライオンズクラブ結成45周年記念ロゴ