2017年 第47代会長 L橋本雄太 会長方針

2017.07.01 Saturday

会長方針

 

水戸西ライオンズクラブ

第47代会長 橋本 雄太

 

この度、歴史と伝統のある水戸西ライオンズクラブの第47代会長に推薦を頂きました。身の引き締まる思いでありますが、精一杯演じてみたいと思いますので何卒宜しくお願い致します。

 

私達、水戸西ライオンズクラブは47年目を迎え、現在は会員数55名 内15名が入会3年未満の若いクラブです。そして私が入会して8年目、8年未満のメンバーは26名もいると言う そうそう例にないクラブだと思います。

会員拡大が非常に困難な時期にこれだけの個性豊かなメンバーが揃うと言うのは当クラブの魅力そのものであります。

会員あってのクラブですし、活動だと思います。

そんな魅力を最大限に生かし、私達はこの地域に根ざすものとして 地域発展・地域貢献に活動して行きましょう。全ては『愛する水戸』の為に!

 

今年のスローガンは

 

『動く!』自ら発信し、自ら行動する。

 

営利目的ではない私達団体は、自ら行動し各方面へ発信する事により、その活動が波紋のように広がっていく。そんな草の根運動こそが、私達奉仕団体の基本だと思います。

1人1人の力は小さいかも知れませんが、同じベクトルで動けばこそ大きな影響を与えるのではないでしょうか?

今こそ強い信念を持ち50周年を間も無く迎えようとするクラブの一体化を作って行こうと思います。

何卒1年間宜しくお願い致します。

 

 

【運営方針】

私達団体は会員が全てです。魅力あるクラブ作り、魅力ある活動、全ては会員拡大に繋げる為の1つの手段です。会員が増えれば新たな発想も生まれます。新たな風を入れる事により、クラブ内が活性化されます。また、ITを利用し外部に発信する事により当クラブの認知度や魅力も発信出来ます。戦略的な会員拡大を心掛けましょう。

 

【事業方針】

長年続けている各事業、卓球大会においては43回を迎え非常に意味のある大会になっています。本来ならばベストメンバーしか参加出来ない大会だらけの中、水戸市内の中学生で卓球部に所属している生徒は全員が参加できると言う意味のある事業になっています。

水戸まちなかフェスティバルにおいては、本年で第6回目を迎え『やさしい街・水戸』を題材に車椅子バスケットのメンバーのご協力のもと、心のバリアフリーを目標に事業を展開しております。今では沢山の協力団体も加わり毎年盛大に開催されている事業になっています。

また、昨年度より参加している水戸黄門漫遊マラソンへの協力。非常に分かり易い協力事業だと思います。

これらの事業の回を重ねるごとに新たな発想が生まれ、次回はこんな風にしたい!と言う発想の転換が発展だと思います。皆さんで話し合い、協力しあってより良いものを作っていければと思います。

また、若いメンバーも増えていますし、新たな事業の発足も視野に入れて1年間活動して参ります。

 

【例会】

例会の参加者を増やす為の1つの手段として昼間と夜間の交互に開催する。

原則とし第1例会は第1木曜日の昼間に開催とする。

第2例会は第3木曜日の夜間に開催とする。

祝祭日及び移動例会等の場合は理事会において決定する。

 

【特別例会】

家族同伴のクリスマス例会及び風情を楽しめる例会の開催。

水戸まちなかフェスティバルへの参加(やさしい街・水戸事業)

水戸黄門漫遊マラソンへの参加

 

【献血例会】

通常通り、9月・1月に開催する。

9月に開催する献血会は会場を変更し、水戸まちなかフェスティバル(泉町3丁目)において開催をします。

1月の食事については例年通り各自でお願い致します。

 

【早朝例会】

通常通り、10月・5月に開催する。ゾーン仕切りのライオンズ奉仕デーを開催する場合は理事会にて決定をする。

食事なし。飲み物のみ提供する。

 

【夜間例会】

第2例会を夜間例会とする。(移動例会等を除く)

時として昼間と夜間の入れ替えがある月も発生しますので その時には理事会で決定致します。

 

【理事会】

基本的に月2回とし、第2・第4木曜日の夜間に開催致します。

議案の少ない場合は、例会の前後を利用して開催致します。

第4木曜日の理事会は各委員会の状況確認の為、委員長を招集致します。

各委員長が出席できない場合は必ず副委員長の出席もしくは委員の出席をお願い致します。理事ではないので議決権はありませんが、発言は認めます。(代理出席の場合、委員会で話し合われた内容を説明出来る様にお願い致します。)

 

【委員会】

個々の委員会は1つのチームであります。連携のとれたチーム作りにご協力をお願い致します。委員会内で沢山の意見が出るような委員会作りを心掛けて下さい。

各委員会の連携・情報交換の為に、合同委員会の開催もしくは委員長会議の開催を積極的にお願い致します。

 

 

『総務委員会』

昨年までの『出席・会則委員会』ですが、委員会名を『総務委員会』に変更します。

クラブ内の全てを把握し、情報の発信源になってください。

入会式の仕切りをお願い致します。水戸西ライオンズクラブらしく厳粛にお願い致します。

今までの出席・会則委員会が担当だった、会則の見直し等を行ってください。

入会の浅いメンバーに向けて、ライオンズ用語・歴史等々の寺子屋を開催して下さい。

計画委員会と連携し、例会出席率が60%をキープ出来るように創意・工夫をお願い致します。

会員拡大のご協力をお願い致します。

 

『計画委員会』

例会の席順について、今までは自由席でしたが、先輩ライオンと若手ライオンが一緒の座席になるような工夫もお願い致します。

テール・ツイスターと共に協力し、楽しく参加したくなるような例会、そして風情を楽しめるような例会の企画をお願い致します。(花見例会等)

事前に例会内容をメンバーに伝える事によってメンバーの参加も増えるかも知れません。ご検討をお願い致します。

家族参加型の例会の企画をお願い致します。(クリスマス例会)

常に例会出席率60%を目標に例会等の内容を検討して下さい。

会員拡大のご協力をお願い致します。

 

『広報委員会』

昨年までの『PR・IT情報委員会』ですが、委員会名を『広報委員会』に変更します。

Home PageFacebookを活用し情報の発信をお願い致します。

外部への発信ツールですので文言には十分な配慮をお願い致します。

一般の方が見ても当クラブに興味を持って頂けるような内容をお願い致します。

メンバーの笑顔や真剣に活動している写真を沢山掲載する事により、当クラブの雰囲気や活発さが伝わるHPの展開をお願い致します。

また、活動報告等で 各メンバーがHP上に出演するのも非常に面白い内容かと思います。ご検討をお願い致します。

ITの取り扱い等々について勉強会を例会でお願い致します。

会員拡大のご協力をお願い致します。

 

『やさしい街・水戸委員会』

昨年までの『市民レクリエーション委員会』ですが、委員会名を『やさしい街・水戸委員会』に変更します。

そもそも第1回水戸まちなかフェスティバルは震災復興事業としてスタートをしたイベントですが、私たち水戸西ライオンズクラブがここに参加し、車椅子バスケットを始めたきっかけが、優しい人が沢山いる街になれば、こんな町で子供達を育てたい。そんな気持ちを持てるような街にしたい。と言う希望の元スタートした事業です。水戸漫遊マラソンへの協力も卓球大会も同様、私たちが手がける事業は全て『やさしい街・水戸』を題材に事業を行います。

事業のウエイトが大きくなっていますし、新たな事業発足も視野に入れ副委員長を2名とします。

第6回水戸まちなかフェスティバル(やさしい街・水戸)事業への積極的な参加。

第2回水戸黄門漫遊マラソンへの積極的な参加。(今回より例会扱いとする)

第43回水戸市内中学校学年別卓球大会への積極的な参加。

やさしい街・水戸を題材に新たな事業の発足をお願い致します。

会員拡大のご協力をお願い致します。

 

『献血・献眼委員会』

昨年までの『保健・福祉国際協調YCE委員会』ですが、委員会名を『献血・献眼委員会』に変更します。

献血例会の担当をお願い致します。今までのやり方を再検討し、献血者を増やす為の工夫をお願い致します。ポスターの効果が如何なのか?DMに変更する事や、献血会場付近の企業訪問による献血PRなど、まさしく本年度のスローガンにある「動く」であります。献血者を増やす事も1つの目標でありますが、理解者を増やす事も1つの活動であります。積極的なPR活動をクラブ全体で行えるよう発信して下さい。

献眼活動においては、非常にナィーブな問題であります。良き理解者を増やす啓発活動を行って下さい。

例会等で、改めて献血活動・献眼活動の意味・意義をご講演お願い致します。

例会やアクティビティを利用した薬物乱用防止広報活動や薬物乱用防止教室の開催をお願い致します。

会員拡大のご協力をお願い致します。

 

【委員会アワード】

50周年に向けクラブ内の一体化をはかる為、委員会功労賞を設けたい。

アワードの対象は出席率や各委員会の活動状況で判断する。

5月第2例会にて表彰を行います。

 

【会長チームの発足】

ライオンズクラブは単年度制ですが、単年度制の利点・欠点があると思います。ここ1・2年の流れをスムーズにする為、会長チームの発足を致します。

対象者は第1副会長・第2副会長。月に1度程度の打ち合わせ会を行います。

 

最後に、

会員拡大はクラブの存続をかけた最大の活動です。各自年に1人くらいの入会者を紹介出来るよう積極的な勧誘をお願い致します。

50周年に向けて足固めの1年です。しっかりとしたクラブ内の一体化、そして結果を求めるアクティビティを展開していきましょう。1年間、宜しくお願い致します。

2016年 第46代会長 L小倉寿行 会長方針

2016.11.16 Wednesday

会 長 方 針

 

水戸西ライオンズクラブ 

第46代会長 小倉 寿行

 

 前年度、45周年大きな節目が終わりました。泉会長のもと、三役をはじめ、メンバー全員が一致団結し、素晴らしい一年あったと感じております。そして、今期一番大事な事は、この元気な勢いをこのまま来期へとつなぐ事だと考えます。

 そして、今年度は、50周年に向けて第一歩として、素晴らしいスタートができるように活動していきたいと考えております。

 今期、中島ガバナーはスローガンとして、「クラブ単位ばかりではなく地区を包括した中でみんな仲良く奉仕活動をしよう」と述べています。

 我々水戸西ライオンズクラブは、前期泉会長のもといろいろな改革が行われ、また、若手ライオンも増え、今まさに新しいクラブへと変わりつつあると感じております。

 ただし、変われば良いというわけではありません。今年度において、目新しいことができなくても、今まで先輩方が残してくれた伝統を重んじ、50周年を意識して新たなものに挑戦し、活動しいくことが重要と考えます。

 

会長方針は

  「孝を原点として他を益す」 とさせていただきます。

 

これは、親孝行を原点として、他人に奉仕しましょうと いう意味です。

 今期、先輩ライオンそして若手ライオンの全員が、水戸西ライオンズクラブとして、時代に合わせてより進化して行かなくてはなりません。

 そして、ライオニズム精神のもとメンバー全員が同志であり、先輩後輩などの隔たりをも超えた連帯した共同体でなくてはなりません。

 しかしながら、親や、先輩に対しての尊敬の念や思いやりを無くしては、血の通った素晴らしい奉仕活動はできないものと考えております。

 年の差を超え、常に会話し、融和を意識して、進化するためにメンバー全員が一丸となって、50周年に向けてライオンズクラブの真の奉仕活動をしていきたいと考えます。

 そのためには、坂本幹事、大澤会計をはじめ、今期を支えていただく執行部の方々、そして何より、メンバー皆さんのお力が必要だと感じております。

 どうか一年、いろいろとご指導いただきながら、共にライオンズ活動を楽しんでいきたいと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【運営方針】

 

 毎回のことではありますが、会員増強については今期に関しても重要視すべ事案であると考えます。元気のある若手ライオンに一人でも多くの同志をメンバーとして誘って頂くことは勿論ですが、どんな方法・どんな手段をとれば会員増強が可能となるか、また、なぜ会員増強が必要なのか改めて考えていきたい。

 また、会員増強のみでなく、既存会員の活性化も同時に考えていかなければならない課題であると思っております。

 そして、例会に関しては昨年同様、メンバー全員が楽しく参加できるように考えていきたいと思います。

 また、昨年より、大幅に改革がされたHPに関してもかなり充実してきておりますので、このまま邁進していただけるよう皆様にもご協力をお願いいたします。

 

 

【事業方針】

 アクティビティに関しては、これがライオンズの一番の使命であると考えます。今期、中島ガバナーは、「役割を終えた活動を見直し、地域が今求めている活動に変える勇気を持とう」と言っております。

 水戸西ライオンズクラブとしては、ここ数年、新たなアクティビティにかな積極的に取り組んでいると感じております。

 現在、約半分が若いライオンとなった水戸西ライオンズクラブではありますし、今までやってきたアクティビティであれ、今まで以上により良い活動をお願いします。

 そして何より大切なことは、先輩ライオンと若手ライオンが一緒になって共に協力し、委員会のみでなく、メンバー全員が参加し、水戸西ライオンズクラブとしての奉仕活動に取り組む事だと考えます。

 

 

例 会

 

【特別例会】

 今期も昨年同様に、家族同伴のクリスマス例会や風情を変えた移動例会など例会を検討したいと思います。

 

【献血例会】

 通常どおり、9月、1に開催したい。

 食事については例年どおり各自でお願いします。

 

【早朝例会】

 例年どおり、10月、5月を予定いたします。

 食事なし、飲物のみの提供としたいと思います。

 

【夜間例会】

 全例会24回のうち、7回を夜間例会としたい。

 

 

理 事 会

 

・基本的に月2回とし、第2、第4木曜日の夜に開催します。

・議案の少ない場合には、例会の前後を利用しての開催といたします。

・各委員長が理事会に出席できない場合においては、必ず副委員長若しくは他の委員の出席をお願いします。

 

 

委 員 会 

 

・各委員会の連携をとるため、必要に応じて合同委員会あるいは委員長会議など積極的に情報共有のための行動をお願いします。(各委員長へのお願い)

 

【出席・会則委員会】

・新しい会員が増えてきておりますので、ライオンズの基本原則、歴史などオリエンテーションの企画をお願いしたい。

・既存会員の活性化や会員増強の方法や必要性などについて考えていただき、例会での発表をお願いしたい。

 

【計画委員会】

・例会の席順について、いままでほぼ自由に着席していましたが、先輩ライオンと若手ライオンの同席的指定席的な席順の検討をお願いしたい。(例:委員会ごとや委員長席など、くじ引きなど)

・テールツイスターと共に協力し、楽しく参加したくなるような例会企画をお願いしたい。

・家族参加型の例会や風情を変えた例会等の企画をお願いしたい。

 

【ライオンズPR・IT情報委員会】

・みんなが見やすいHPの活用を充実させてください。

・水戸西ライオンズクラブのHP存在のアナウンス方法を考えてください。

・全てのライオンズ活動に必要とされる委員会でありますので、合同委員会や若しくは積極的に他委員会に出席するなどして情報共有をし内外への発信をお願いします。

 

【市民レクリエーション委員会】

・水戸西ライオンズクラブの中心的アクティビティである「やさしい街づくり」をイスバスを中心として水戸まちなかフェスティバルへの参加をお願いします。

・水戸黄門漫遊マラソンは水戸市における第一回目の事業ですから、地域が求める奉仕活動として参加をお願いします。

・水戸市内中学校学年別卓球大会は伝統ある素晴らしいアクティビティですので、より素晴らしい大会となるようご協力お願いします。

 

【保健・福祉国際協調YCE委員会】

・例会やアクティビティを利用した薬物乱用防止広報活動や、また、薬物乱用防止教室の開催を積極的にお願いします。

・献血・献眼活動をお願いします。

・YCEの一環である、モンゴル留学生受け入れ活動についてご協力お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

2015年 第45代会長 L泉幸男 会長方針

2015.07.07 Tuesday




会 長 方 針

水戸西ライオンズクラブ
第45代会長 泉 幸男

この度皆様のご推薦により45周年の節目ある年に会長という大役を仰せつかり身の引き締まる思いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。
さて、現在我がクラブは在籍10年以内のメンバーが過半数という非常に若いクラブになりつつあります。従って今年度の会長方針を

『コミュニケーションと協力』

とさせていただきたいと思います。
  ありきたりの言葉ではございますが、クラブの若いメンバーの優秀さ、そして大切なベテランメンバーの経験が融合すれば、今以上のクラブとなることは間違いありません。
失礼な言い方ではありますが、若者は年長者を尊敬し敬い、年長者は若者を理解し
育てるつもりでクラブ運営にご参加ご協力のほど切にお願い申し上げます。

<運営方針>

今期は会員増強の一言に尽きると思います。現在51名の在籍ではありますが、健全な会計、運営の為には60名の会員を必要とするのは周知の事実であります。各委員会へのお願いにも示す通り、出席・会則委員会だけでなく、クラブをあげて取り組み、達成したいと思います。
このところのクラブ運営を見ますと、今までになく各アクティビティに対しての取り組み方に勢いを感じます。この勢いを消すことなく邁進したいと思いますのでご協力をお願い申し上げます。

<事業方針>

今期はPR委員会を始めとして、大幅な改革を致します。これは今年に限らず10年後20年後を見据えた改革であります。多少の違和感、ご不便をおかけするやもしれませんが、皆様のご指導により進めて参りたいと思います。
継続事業である献血活動ですが、当クラブでは献血者の少ないと言われる9月と1月にあえて開催しております。お天気や場所の影響にもよりますが、ここのところ予定者数に達しない回が続いております。
担当委員会に任せきりにせず、メンバー全員で法人、事業者に対しての周知、協力依頼を進めていただきたいと思います。
また、予算の問題もありますが、常に新しい事業を模索していただき、地域社会に貢献し、会員相互の親睦を深め、居心地がよく、ぜひこのクラブに入会したいと思われるクラブを作りたいと思います。

<クラブ結成45周年について>

今期は周年の年度となります。すでに継続事業として長年取り組んでおります卓球大会が40回大会を迎えることに合わせて、45周年記念事業として3月に開催いたしました。
 すでに式典は2016年2月を予定しておりますが、新年度に入りしだい、実行委員会を立ち上げ、実行委員長の元、各委員会で進めていきたいと思います。
『例会について』

《特別例会》

今期も昨年と同様、納涼例会を行わず、12月に「クリスマス例会」(ご家族同伴)を行います。
また、季節ごとの風情を楽しむような移動例会の開催。予想以上に金額がかかる時には理事会・例会での承認を受ける事。(例)花見・屋形船等々

《献血例会》

(9月・1月)は会場で全員での食事が出来ませんので、各自での食事をお願い致します。

《早朝例会》

(10月・5月)は飲物のみとし、雑費より支出と致します。

《45周年式典》

(2月)5年間のあゆみ。

《卓球大会》

45周年記念事業としての開催をした。(2014年度)
第40回大会の記念誌を作成。
(2016年3月13日(日)開催決定)開会式終了後に例会を行います。

《夜間例会》

昼間の例会だと出席が難しいメンバーもおられると思いますので、夜間例会(特別例会含む)も検討したい。

《移動例会》

第4回水戸まちなかフェスティバルへの参加。すでに2015年10月25日(日曜日)に開催決定。


『理事会の開催日について』

・基本的には月2回(第2・第4木曜日の夜)開催致します。
・議案の少ない時期には例会の前後の時間を利用して開催致します。
・「理事会・委員長会議」は第4木曜日の夜に開催致します。
・第2理事会(理事会・委員長会議)に担当理事・委員長が欠席の場合には、必ず副委員長に出席して頂く事を原則とします。

『委員長会議について』

各委員会の連携を図る為、必要に応じて委員長会議の開催をお願い致します。

『各委員会の役割について』

《出席・会則委員会へのお願い》

・ 会員拡大にご協力をお願い致します。
・ ファイン・ドネーションのあり方について再度確認をして下さい。
・ 他クラブの例会やアクティビティについて学ぶことの重要性から、他クラブへの訪問等の実施をお願い致します。
・ 積極的に各委員会との連携を図って下さい。(合同委員会の開催等)
・ 45周年式典及び事業への協力。

《計画委員会へのお願い》

・ 会員拡大にご協力をお願い致します。
・ 出席率の上がる魅力ある例会の開催をお願い致します。
・ また、新たな試みとして季節ごとの風情を楽しめるような移動例会の開催、企画・運営をお願い致します。
・ 積極的に外部からの情報を得る為、ゲストスピーチの開催を検討して下さい。
・ 積極的に各委員会との連携を図って下さい。(合同委員会の開催等)
・ 45周年式典及び事業への協力。

《ライオンズPR・IT情報委員会》

・ 会員拡大にご協力をお願い致します。
・ 会報(咆哮)の廃止。経費を削減し、最大限に情報の発信を行う為。
・ 会報に変わる、タイムリーな情報発信、HPを広報手段としてメインに行う。
・ HPは当クラブの情報発信基地として運営し、活動内容を適切な表現で魅力あるクラブ活動を外部に発信して下さい。
・ HPの重要性は言うまでもなく、会員拡大に重要な役割があると考えます。
・ 積極的に各委員会との連携を図って下さい。(合同委員会の開催等)
・ 45周年式典及び事業への協力。

《市民レクリエーション委員会》

・ 会員拡大にご協力をお願い致します。
・ 今年で4年目を迎える水戸まちなかフェスティバルへの参加。
・ 第41回水戸市内中学校学年別卓球大会の開催(2016年3月13日(日)開催)
・ 常に新たな事業の検討をお願いします。
・ 積極的に各委員会との連携を図って下さい。(合同委員会の開催等)
・ 45周年式典及び事業への協力。

《保健・福祉国際協調YCE委員会》

・ 会員拡大にご協力をお願い致します。
・ 顕眼啓発活動として顕眼登録、広報活動の推進をお願いします。
・ 献血例会の開催。(年2回開催)献血者を増やす為の工夫を検討して下さい。
・ 薬物乱用防止教室の開催をお願いします。
・ 積極的に各委員会との連携を図って下さい。(合同委員会の開催等)
・ 45周年式典及び事業への協力。

『モンゴル留学生受け入れについて』

・ モンゴル留学生の受け入れ事業は3年が経過し状況を見直さなければならない時期に来ている。本来の目的を明確にし、より良い留学生受け入れ事業になれば良いと考える。
・ ナラン学校のネルグイ校長先生と調整をし、今後の留学生受け入れに事業に対しての再検討を行った。今後はある一定の条件を提示し、当クラブ主導で行う。
1、留学生人数について  生徒数1〜2名。引率者は無し。
2、生徒の年齢及び日本語レベルについて 13歳以上。日本語検定N3以上を取得し
                       日本での短期留学に意欲的な生徒。
3、費用      渡航費を含め水戸西ライオンズクラブが負担する。
4、時期と期間   9月に2週間程度
5、その他     協定書、医療同意書等の取り交わしを行う。
以上の事を提案した。(2015.01.24)

今回より100%ホームステーとし、引率者無しでナラン学校へは依頼をかけています。基本的に未成年者のみの搭乗は禁じられているので、今までは引率者を同行させ当クラブで面倒を見たが、引率者への負担は大きくその費用を渡航費に回し、費用を負担できるか出来ないかに関わらず、日本への留学に意欲的な生徒を受け入れる為に行う事業とします。
また今回より13歳以上の生徒が来る為、リリーベール小学校には2年間お世話になりましたが、中学校への協力依頼をかけ、受け入れてもらう予定で居ます。ホームステー先から近い学校に通えるよう行政との交渉を行います。
また、モンゴル事業においては担当委員会をおかずに、クラブ全体で協力して行こうと思っています。メンバー1人1人が何らかの形でも結構ですので、ご協力をお願い致します。
1